マンション売却シミュレーターの使い方とシミュレーション査定結果の注意点

正確なマンションの売却価格を算出するには訪問査定を受ける必要がありますが、ネットで公開されているシミュレーターでも大雑把な売却価格を知ることができます。

今回はSUUMOのシミュレーターを例にして、シミュレーターの仕組みや、そのシミュレーション結果にどのような価値があるのか見てみましょう。

HOME4Uの机上査定ならシミュレーションよりも正確に売却価格を調べられてオススメです。

SUUMOのマンション売却シミュレーターを利用してみよう

考えるより触ってみるのが一番です。

早速SUUMOのサイトに行って実際に使ってみましょう。ちなみにシミュレーターを利用できるのが東京都内23区だけです。

・関東版(東京都内23区限定)
https://suumo.jp/jj/bukken/sonota/JJ010FH101/?ar=030

SUUMOに会員登録をしなくてもシミュレーションは利用可能です。

シミュレーターにマンションの

  1. 最寄りの沿線
  2. 最寄り駅
  3. 所在都道府県、
  4. 所在市町村
  5. 駅から徒歩何分か
  6. 建築年月
  7. 専有面積

の情報を入力して、サイト下部の計算するボタンをクリックしましょう。

そうすれば、シミュレーション結果が表示され、だいたいの相場を確認できます。

シミュレーターの計算はどこまで信頼できる?

シミュレーターで算出された価格は、マンション自体の価格というよりはマンションの立地に関する価格といった方が良いでしょう。

実際の売却価格には、個別のマンションの事情が大きく影響します。シミュレーションではそうした個別の要因を入力せずに計算するので、立地などの客観的な情報からしか判断できないのです。

つまり、シミュレーターが算出した価格と実際の売却可能価格では、かなりの差が出ることになります。

オンラインシミュレーション結果は、「売り出したら最大この価格で売れる可能性がある」ぐらいに思っておくのが良いでしょう。

より正確なシミュレーションをしたいなら無料一括査定を利用しよう

不動産会社の行うマンション査定には、訪問査定机上査定があります。

訪問査定はその名の通り、実際に不動産会社の人がマンションに来て査定をしてくれます。いちばん正確な査定価格が出る方法ですが、敷居が高いと感じる人もいるでしょう。

一方、机上査定は「訪問なし」で客観的な情報から行う査定です。

「それならシミュレーターで算出するのと変わらないのでは?」と思うかもしれませんが、机上査定では過去の売却事例を参考にするので正確さが桁違いです。

不動産取引の記録は一般人には見られませんが、不動産会社は簡単に確認できます。同じマンション内の部屋で過去に売却事例があれば、その成約価格をベースに計算できるのです。

このような机上査定は無料で利用できます。

また、1社だけでなく複数社の査定をもらう方が、信頼性が増します。1社だけなら仲介を依頼してほしくて適当な価格を出されても気づきようがありませんが、3社以上の査定があればおかしな査定価格を出していることは丸わかりです。

HOME4Uのような無料一括査定サービスで簡単に複数の会社に机上査定を依頼できます。

マンションの情報を一度だけ入力すれば、対応エリアの不動産会社にまとめて査定をもらえます。

まとめ

マンション売却シミュレーターは、大まかな価値を知るためには有用なものですが、記事中でも何度も繰り返したとおり、シミュレーション結果はマンションの立地の価格と考えるようにしましょう。

より正確なシミュレーションをしたいなら、不動産会社の机上査定を利用しましょう。複数の会社への申し込みには、HOME4Uなどの無料一括査定サービスを使うと便利です。

また、本格的に売却可能価格を知りたいなら、不動産会社に訪問査定を依頼しましょう。訪問査定も一括査定サービスから申し込めます。