シンプルで失敗しない!無敵のマンション売却講座(全7回シリーズ記事)はコチラ!

不動産会社には業務の得意不得意がある、マンション売却は売買仲介をメインとした会社へ

不動産会社には業務の得意・不得意がある
マンション売却をするためには不動産会社に依頼して、買主を探してもらう必要があります。

あまり意識したことがないかもしれませんが、不動産会社は業務の得意分野を持っています。

マンション売却を行うなら、中古住宅の売買仲介を中心業務として行っている不動産会社を選ばなければいけません。

マンション売却を業務内容としては取り扱えても、ほとんど売った経験のない不動産屋もあるので、注意しましょう。

この記事では、マンション売却に適した不動産業者を選択するポイントをまとめました。

ポイント1:不動産業者の専門領域を把握しよう

不動産業者の専門領域を把握しよう
不動産屋の専門領域には、どういうものがあるか知っていますか?

たとえば、街の不動産屋の多くは、主に賃貸仲介が専門です。
こういったところに売却を頼んでも、良い買い手を見つける事はなかなか難しいでしょう。

同じように、新築分譲マンション販売に特化した業者や、土地の仕入れから企画開発を手がける業者に中古マンションの売却を頼むのも良い選択とは言えません。

中には扱う業務のほとんどが商業施設という業者もいます。

また、物件の管理やメンテナンスを専門にしている不動産屋もあります。

こういったマンション売却が普段行っていない不動産会社に依頼してしまうと、売却がスムーズにいかない可能性が高くなります。また、下手をすると数百万円安く売却する事態にもなりかねません。

マンション売却は中古住宅の売買仲介が得意な不動産会社に依頼しましょう。

ポイント2:不動産一括査定サービスを使ってマンション売却が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産一括査定サービスを使ってマンション売却が得意な不動産会社を効率よく探す
中古マンションの売買仲介を業務の中心としている不動産業者は、大手から地域密着までたくさんあります。

しかし、一件ずつ探していくのは面倒ですよね。

そこで、不動産業者について詳しくないなら、HOME4Uの無料一括査定サービスを使ってみましょう。

こうした一括査定サービスには、マンション売却を専門にしている不動産会社が集まっているので、業者探しとして利用できます。

他の不動産会社と比較されることが前提なので、マンション売却が苦手な業者はこういうサービスには登録していません。

途中まで入力すると対応できる地域の不動産会社も分かるので、地元の不動産会社を選ぶときの参考にもなります。ぜひ一度チェックしてみてください。

HOME4Uのサービス詳細と入力はコチラからできます。

ポイント3:不動産会社について下調べをしよう

不動産会社について下調べをしよう
不動産を売却する時は、何より「下調べ」が大切です。依頼する前に不動産業者についても「下調べ」をしましょう。

今はインターネットで不動産会社のことを簡単に調べることができます。

まずは不動産業者のホームページへアクセスしてみること、そして、これまでの実績を重点的に調べることが重要です。

手掛けてきた物件の傾向を探れば、その会社の得手・不得手も浮かび上がってきます。

そのほかに、

  • 不動産業者の新聞折込チラシを見る
  • 不動産情報誌を読む
  • 不動産に詳しい友人・知人に聞く

などといった方法も有効です。そこに中古マンションがどれくらい載っているかで得意かどうかがよく分かります。

また不動産会社は1社だけでなく、依頼できそうなところをなるべく多く調べると良いでしょう。

それぞれの専門性がよりはっきりとしてきます。

情報を持っておけば、業者とのその後のやり取りでも優位に立って交渉できる可能性が高まります。

不動産業者が行政指導などを受けたことがないかは、以下の記事も参考に調べてみてください。
不動産屋の行政処分情報を調べてみる

まとめ

不動産会社にも得意、不得意があることを知り、慎重に売却の依頼先を選びましょう。

マンションの売却はたいへん大きなお金が動く取引です。業者選択の誤りのせいで、時には数百万円単位で損をしてしまうことにもなりかねません。

マンションを売る際にも、購入するときと同じくらい慎重に不動産業者を選びましょう。

不動産会社の選び方についてもっと知りたい方はこちらのページからチェックしてみましょう。