シンプルで失敗しない!無敵のマンション売却講座(全7回シリーズ記事)はコチラ!

マンション売却を取り扱う、不動産仲介業のことを調べました

不動産の売買や賃貸を取り扱う不動産仲介業。マンション売却もその業務に含まれます。不動産仲介業とはどういう仕事なのか調べてみました。

管理業務や開発など、不動産会社のその他の仕事についてはこちらの記事も参考にしてください。
不動産屋の仕事内容・種類を知っておこう

不動産仲介業とは?

不動産の売買や賃貸などの契約を成立させる業務のことを不動産仲介業と呼びます。

  • 不動産の売買 ⇒ 買う人と売る人の間に立つ
  • 不動産の賃貸 ⇒ 貸す人と借りる人の間に立つ

不動産仲介業はこの2つに大きく分けられ、不動産会社の売り上げの多くは依頼人からの仲介手数料で成り立っています。

  • 物件の提案や案内
  • 物件の調査
  • 契約関係書類の作成
  • 住宅ローンの手続き
  • 各関係者への連絡
  • 残金の決済

これらの専門的な内容に関する業務を行っており、取引条件を調整したり重要事項説明書を作成したりと様々なサポートを行います。

マンションの売却も不動産仲介の一種

マンションの売却も不動産仲介業の業務に含まれます。どんな仕事をしてくれるのか以下にまとめてみました。

  • 売りたいマンションを査定して売買価格を提案する
  • マイソクなど物件の宣伝を行うための資料を作成する
    マイソク イメージ マイソクの良し悪しで売却成功が決まる?!
  • 売主の要望に合わせて物件の売り出しプランを練る
  • インターネットやチラシを使って買い手を探す
  • 内覧希望者に対してマンションの現地案内をする
  • 売買契約書の作成や決済といった対応を行う

素人では今持っているマンションの価格は想定できませんし、自分で買い手を見つけるのもかなり困難です。

もちろん不動産会社を通さずに物件の売買は可能ですが、不動産取引に関する知識の無さから下記のようなトラブルが起こりやすく危険です。

  • 法律や税金に関する内容
  • 所有者や債権者を公示する不動産登記
  • 物件の売買に必要な書類の作成

買い手が見つかったとしても宅地建物取引業法などの専門知識がなければ、手続きが難しいのです。

だからこそ不動産仲介業を専門的に行うプロである不動産会社に依頼するのが最も安心です。

友人や知人への売却でも情が絡んだり今後の関係がギクシャクしたりするので、トラブル防止のために不動産会社を通すようにしてください。

友人へのマンション売却の注意点はこちらの記事で解説しています。
友人にマンションを売却するときも不動産業者の仲介を

不動産仲介業者に依頼するデメリットは仲介手数料

不動産仲介業者にマンションの売却を依頼すると、仲介手数料を支払わなければならないのがデメリットの一つです。

無料で買い手を探してマンションの売却をサポートしてくれるわけではなく、向こうもビジネスの一環として行っているので、依頼した売主は契約が決まれば一定の報酬を支払わなければなりません。

不動産の売買で発生する仲介手数料は売買価格によって決まり、上限額が国土交通省で定められています。

  • 200万円以下:4%以内(5%+消費税)
  • 200万円超~400万円以下:32%以内(4%+消費税)
  • 400万円超:24%以内(3%+消費税)

消費税を含まない売買価格によって仲介手数料が決まるのが特徴です。

しかし、あくまでも法律で上限額が設定されているだけで、不動産会社との交渉によって値引きも可能です。

デメリットとは言っても説明したように当事者同士での取引はハードルが高い上に、買い手を探したり書類を作成したりといった手間を省けるのであれば安いものです。

まとめ

不動産仲介業は大きく分けて、売買と賃貸に分かれます。

マンション売却を依頼するなら、売買仲介を得意とする不動産会社を選びましょう。

一括査定を利用するとマンション売却が得意な不動産会社を見つけやすいので、こちらの記事を参考に利用を検討してみてください。
マンション売却一括査定サービスのメリット・デメリット