マンション売却前の掃除とリフォームのポイント

マンション売却の前には室内をキレイにしておくことが欠かせません。

内覧に来た購入希望者への第一印象を良くすることは想像以上に大事です。人の心理として、第一印象の評価をずっと引きずってしまうので、最初にガッカリさせてしまうと全体的に評価が落ちてしまいます。

とは言っても、これから売るマンションを完璧にリフォームしてピカピカにする必要はありません。

ポイントを絞って掃除や補修をする場所を知っておきましょう。

マンション売却の流れをガイド中!

掃除は見られる場所から順番にしよう

まずは普通に掃除してどこまでキレイにできるかやってみましょう。

内覧でよく見られる場所は、以下の5ヵ所です。

  • 玄関
  • リビング
  • キッチン
  • 水回り
  • ベランダ(バルコニー)

内覧で熱心に見る人はさらに寝室や子ども部屋、押し入れの中までチェックしますが、上の5ヵ所はそれほど熱心でない人でも必ず確認するポイントです。

まずはこの5ヵ所をキレイに片づけて、ピカピカに掃除しておきましょう。

以下のページで5ヵ所の掃除で気をつけたいポイントを詳しく紹介しています。
この記事のまとめ マンション売却で内覧が来る前の掃除・片付けの重点ポイントは5ヵ所
特に気をつけたい水回りについてはコチラ!
水回りの徹底的な掃除はマンション売却には必須

ハウスクリーニングは必要?

「普通に掃除してもキレイにならない・・・」「そこまで掃除するのがめんどう・・・」という人はハウスクリーニングの利用も検討しましょう。

ポイントを絞って依頼すれば、数万円の支出でピカピカになります。その分、売却価格が上がれば大丈夫なので、ハウスクリーニングくらいの支出は回収できる可能性が高いでしょう。

キレイにしたおかげで値下げ交渉を防げたと考えることもできます。

ハウスクリーニングについては以下のページで解説しています。
マンション売却前のハウスクリーニングは水回りを中心に検討しよう

売却前にリフォームをするべきか?

見た目を良くするためにリフォームを検討するかもしれませんが、大がかりなリフォームは必要ありません

リフォーム工事は数十万円の出費になるため、その分を売却価格に上乗せできるか微妙なラインなのです。

また、買主によっては自分の好きにリフォームしたいので「そのままにしておいてほしかった」というケースも考えられます。

費用が回収できるかどうか分からない上に、買主の好みに合わないリスクもあるので、リフォームは基本しなくていいというのがマンション売却のトリセツのスタンスです。

リフォームのメリットとデメリットについては以下のページにまとめてあります。
マンション売却前にリフォームはしなくていい!売る側の理想と買う側の理想は違う
また、エアコン・照明・ウォシュレットなど付帯設備を置いていくか取り外すかは早めに決めましょう。内覧時にきちんと伝えておかないとトラブルにつながります。

エアコン・照明・ウォシュレットなど付帯設備の扱いについてはこちらで詳しく解説しています。
マンション売却でエアコン・照明など付帯設備を置いていくか取り外すかは早めに決める

カンタンな補修レベルならポイントを絞ってやろう

大がかりなリフォームは必要ありませんが、カンタンにできる補修はぜひやっておきましょう

ホームセンターに行けば、ちょっとした傷を直す道具が安価に購入できます。

変に直して汚くなるのはNGですが、専門の道具を使えば意外とキレイになるので、室内に気になる部分があれば直せないか調べてみましょう。

以下の記事で補修について解説しています。
マンション売却前の補修はコスパを考えて実施しよう
特に床の傷についてはこちら。
フローリングの傷はマンション売却前に補修しなくてもOK
クロス張り替えについてはこちらにまとめました。
マンション売却前にクロス張り替えするメリットや費用を調べました

リノベーションはゼッタイNG

リフォームより大規模なものとしてリノベーションを思い浮かべた人がいるかもしれません。

しかし、リノベーションはやめておきましょう

リノベーションは壁を取り払ったり、キッチンを移動させたり、とにかく大規模な工事になります。その分高額な支出になり、回収できない可能性が高まります。

中古マンションを購入してリノベーションをするのは流行っていますが、買主が好きにできるところが重要なので、売主が勝手にするものではありません。

リノベーションがNGな理由は以下の記事でも解説しています。
リノベーションしてからマンション売却するのは基本的にNGです

ホームステージングという攻めの手段も検討してみよう

掃除や補修でマイナスポイントを消すだけでなく、モデルルームのようにキレイに整えて内覧を迎えるのがホームステージングという考え方です。

もともとアメリカで一般的なサービスで、日本でも始めるところが出てきました。

高額で売買されることが見込める物件なら、売却に有利に働くことも考えられます。

ホームステージングに興味のある方は以下の記事もチェックしてみてください。
ホームステージングサービスで中古マンションの魅力をアップさせて売却を有利に進めよう

まとめ

掃除やリフォームはかけた手間や費用の分だけ売却価格が上乗せできるかを判断基準にしましょう。

とは言ってもあまりに汚い状態では売れるのにも時間がかかって、値下げ交渉を受ける可能性まで高まるので、最低限の掃除は必須です。

内覧に来る人がキレイと感じるかどうか、客観的にチェックしてみましょう。できれば家族以外の人に見てもらうのがオススメです。

マンション売却の流れをガイド中!