マンション売却の基礎知識を身につけよう!

マンション売却に関わる知識をジャンルごとに分類しました。

気になったらドンドン深掘りできるように解説しているので、迷子になったらここに戻ってきてください。メニューから「基礎知識」でこのページにたどり着けます

まずは全体の流れを知ろう!

不動産会社に依頼してマンション売却をするなら、基本的な流れは以下の順になります。

  1. 査定 ――― 不動産会社がいくらくらいで売れるのか調べてくれる
  2. 媒介契約 ――― 不動産会社に売却活動を任せる契約
  3. 売り出し開始 ――― インターネットやチラシなどで買い手を探す
  4. 内覧 ――― 購入希望者が室内を見に来る
  5. 購入申込 ――― 「○○円で買いたい」と申し出と交渉が入る
  6. 売買契約 ――― 買い手と正式に契約を結び手付金を受け取る
  7. 決済と引き渡し ――― 残りの金額をもらい、部屋を明け渡す
  8. 確定申告 ――― 税金の納付や還付のために翌年3月ごろに行う

不動産会社がガイドしてくれるので、自分で覚えている必要はありませんが、知っておけば落ち着いて売却に臨めるでしょう。

各段階について細かくは以下のページから解説をしています。

必要書類

売却の過程で必要になる書類をまとめました。

権利書(登記済証 or 登記識別情報)や印鑑証明など必須の書類もあれば、分譲時のパンフレットなどあった方がいい書類もあります。

必須の書類は不動産会社が教えてくれますが、あった方がいいものまでは教えてくれないかもしれません。

どういう書類が必要になるのか気になる方はチェックしてみてください。

売却にかかる手数料

不動産会社への仲介手数料をはじめ、収入印紙代司法書士代などいくらか手数料がかかります。

仲介手数料については売買金額と連動して計算するので、ある程度予測が付きます。

以下のページから仲介手数料の計算方法やその他の手数料についてまとめています。

税金

売却完了後、翌年の3月ごろに確定申告をしなければいけません。

黒字なら税金を納める必要がありますし、赤字なら他の所得と通算して税金の還付が受けられます。

3000万円の特例もあるので、めったに黒字にはなりませんが、赤字での税金の還付は該当する人が多いと思います。

経費の計算方法なども特殊なので、できれば税理士に依頼しましょう。

下記のページからマンション売却に関係する税金についてまとめています。

売却するときの注意点

マンション売却は高額な不動産売買になるため、注意しておかないと大損してしまう可能性があります。

ちょっとしたポイントを知っておくだけで防げるので、ぜひ下記のページに目を通しておいてほしいと思います。

口コミや体験談を読む

インターネットで読めるマンション売却の口コミ体験談と、それに対する接し方をまとめました。

情報を鵜呑みにせずに、少し疑ってかかるくらいでちょうどいいと思います。

売却に向けてイメージが湧かないという方もこちらからチェックしてみましょう。

コチラもチェック!

マンションの名義について

共有名義のマンションの売却や、名義変更について解説したページです。

売るか貸すか迷っている場合は貸すリスクを知っておこう

転勤などで売るか貸すか迷っているという人は以下のページもチェックしてみてください。

貸すのは意外とリスクが高いことがわかると思います。

仲介での売却以外に、買取や任意売却、個人間売買という選択肢もあります

このページで説明した売却の流れは不動産会社に仲介で依頼した場合のものです。

そのほかに業者買取任意売却個人間売買という売り方もあります。

それぞれの内容については下記で解説しています。
マンション売却方法は不動産屋の仲介以外にも任意売却、業者買取、個人間売買がある

マンション売却にかかわる専門用語集