転勤でマンションを売るための方法と流れ

転勤するまでの間に売るor転勤先から売るor売らずに賃貸に出す
転勤準備、お疲れさまです。

マンションを購入していても転勤が決まったら、会社に従わないといけないのがサラリーマンのツラいところですよね……。

転勤する場合に購入したマンションをどうするか、それには以下の3パターンがあります。

転勤するまでの間に売るか、転勤先から売るか、それとも賃貸に出すか?

どの方法にもいくつかの注意点があります。

いっしょに見ていきましょう。

転勤が決まった後の売却依頼の注意点

転勤でマンションを売却しなければならなくなった場合、不動産業者に査定依頼する時にはまず、転勤までに売りたいのか、転勤後も見据えて売却活動を行うのかを伝えましょう。

また、住宅ローンの残債がある場合には残債が残ってしまうと転勤先の家賃と住宅ローンの二重払いとなります。

不動産業者には残債以上の価格を希望価格として伝えたほうが良いでしょう。

マンション売却代金と貯蓄などを合わせて住宅ローンを完済するのが一般的です。

転勤日をタイムリミットとしてマンションを売却する場合

もし転勤後もマンションが売れずに持ち続けていると新居の家賃と住宅ローンの支払いが二重になって家計にのしかかってきます。

賃貸に出すなど方法はありますが、基本的には転勤日までにマンションを売却したほうが負担は減るでしょう。

ただし、転勤までに売るというタイムリミットを設けてしまうと、相場より安値で売る可能性が高くなります。

住宅ローンの残債もあれば、できれば残債を返せる金額では売りたいところです。

不動産業者に売却を依頼する場合にはタイムリミットを伝えることも大切ですが、早く売るために過度な値引きを要求してくる業者には注意が必要です。

可能であれば賃貸に出すことや転勤後の売却も視野に入れた売却活動を行うと、買い叩かれる心配を減らすことができます。

転勤先から売却活動を行う場合

転勤後、不動産会社に内覧の対応などを任せて、遠方から売却活動を行うことも可能です。

この場合には先にも書きましたが、住宅ローンと転勤先の家賃の2重払いに家計が耐えられるのかどうかを計算しておきましょう。

転勤先で売却活動を行うメリットはスケジュールに余裕をもって進められること。

デメリットは住宅ローンと家賃の2重払いとなってしまうことや、遠方だと物件の手入れや不動産業者の活動の確認をしづらいといったところでしょう。

遠方のマンションを売る場合についての記事も参考にしてみてください。
遠方のマンションを売却する方法

賃貸に出す場合

賃貸に出すのは将来的に戻ってくる場合や、売却できない事情がある場合に取る戦略です。

分譲マンションは設備が整っているので、賃貸に出せば借り手はつきやすいでしょう。

しかし、自分の家ではないという意識で入居されるため、設備が傷むスピードが速まるリスクが高い点は覚悟しておいてください。

転勤をきっかけに軽い気持ちで賃料収入を得て大家になりたいというのはあまりおすすめできません。

賃貸に出そうか悩んでいる人はこちらの記事も参考にしてください。
マンションを貸すか売るか。「貸す覚悟」はあるか?

まとめ

転勤が決まった後のマンションの売却活動では、転勤日をタイムリミットとして設定すると相場より安い価格となってしまう可能性が高まります。

しかし、マンションの売却は多くの労力を必要とするもの。遠方からの売却活動ではさらに負担は大きくなります。

転勤後の売却活動としてはできるだけ早期に、相場に近い金額で売却することを目指したいところです。

早めに一括査定などを利用して、複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。どれくらいの価格で売れそうか、どれくらい時間がかかりそうかが分かれば、動きやすくなります。

転勤準備でお疲れだと思いますが、早めに動きましょう!