転勤でマンションを売るための方法と流れ

転勤するまでの間に売るor転勤先から売るor売らずに賃貸に出す
転勤準備、お疲れさまです!

持ち家があっても転勤が決まったら、会社に従わないといけないのがサラリーマンのツラいところですよね……。ホントは転勤なんてしたくないと思いますが、そうも言えませんよね。

持ち家の処分方法は大別して3パターン。

転勤するまでの間に売るか、転勤先から売るか、それとも賃貸に出すか?

どの方法にも、いくつかの注意点があります。

いっしょに見ていきましょう。

転勤が決まった後の売却依頼の注意点

転勤でマンションを売却しなければならなくなった場合、不動産業者に売却を依頼する時にはまず、転勤までに売りたいのか、転勤後も見据えて売却活動を行うのかを伝えましょう。

また、住宅ローンの残債がある場合には残債が残ってしまうと転勤先の家賃と住宅ローンの二重払いとなります。

不動産業者には残債以上の価格を希望価格として伝えたほうが良いでしょう。

転勤日をタイムリミットとしてマンションを売却する

転勤先でも住居にすまなければなりませんから、もし転勤後もマンションが売れずに持ち続けていると家賃と住宅ローンの支払いを二重にしなければなりません。

賃貸に出すなど方法はありますが、基本的には転勤日までにマンションを売却したほうが負担は減るでしょう。

ただし、転勤までに売るというタイムリミットを設けてしまうと、相場より安値で売る可能性が高くなります。

住宅ローンの残債もあるので、できれば残債を賄える金額以上で売りたいところです。

不動産業者に売却を依頼する場合にはタイムリミットを伝えることも大切ですが、早く売るために過度な値引きを要求してくる業者には注意が必要です。

可能であれば賃貸に出すことや転勤後の売却も視野に入れた売却活動を行うと、買い叩かれる心配を減らすことができます。

転勤先から売却活動を行う

一方で、転勤後も売却活動を行ってくれる不動産業者もいます。

この場合には先にも書きましたが、住宅ローンと転勤先の家賃の2重払いに家計が耐えられるのかどうかを計算しておきましょう。

転勤先で売却活動を行うメリットはスケジュールに余裕をもって進められること。

デメリットは住宅ローンと家賃の2重払いとなってしまうことや、遠方だと物件の手入れや不動産業者の活動の確認をしづらいといったところでしょう。

まとめ

転勤が決まった後のマンションの売却活動では、転勤日をタイムリミットとして設定すると相場より安い価格となってしまう可能性が高まります。

しかし、マンションの売却は多くの労力を必要とするもの。遠方からの売却活動ではさらに負担は大きくなります。

転勤後の売却活動としてはできるだけ早期に、相場に近い金額で売却することを目指したいところです。

転勤準備でお疲れだと思いますが、早めに動きましょう!