マンション売却方法は不動産屋の仲介以外にも任意売却、業者買取、個人間売買がある

マンション売却では、不動産業者に依頼して、購入希望者を探すのが一般的です。
これが間に不動産屋が入る仲介という形です。

その他にも以下の3つの売却方法があります。自分の状況に応じて利用を検討してみてください。

  • 任意売却:住宅ローンが返せなくてやむなく売却する方法
  • 業者買取:不動産会社に直接買い取ってもらう方法
  • 個人間売買:知り合いに直接売る方法

任意売却:住宅ローンが返せなくてやむなく売却する方法

通常の仲介で売却しても住宅ローン残額を完済できる見込みがない場合は、任意売却という手段を取ります。

中古でマンションを売る場合、住宅ローンの残額を売買代金を使って完済する必要があります。しかし、売却価格やローン残高によっては、完済が難しいケースも出てきます。

そういうときに、銀行と交渉し、売買代金でも返しきれない額を売却後に少しずつ返済していくのが任意売却という仕組みです。

間に不動産業者が入るのは普通の仲介での売却と同じなのですが、銀行との交渉が必要になるため、任意売却が得意な不動産会社に依頼するのが安心です。

任意売却については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

業者買取:不動産会社に直接買い取ってもらう方法

すぐにでもマンションを売却したい、売却しなければいけない、という場合に利用できる方法が業者買取です。

買取の場合は、市場価格よりかなり安くなることを覚悟しなければいけません。

不動産会社は転売目的で買取するので、利益分を考え、市場価格の70%~80%で価格を提示してきます。

例外的に、新築マンションを購入する時に、今住んでいるマンションを下取りしてくれるといったケースで良い価格が提示される可能性がありますが、一般的には、転売目的の不動産会社の利益分が市場価格から差し引かれると考えておくべきです。

また、仲介依頼をして販売活動を行った結果、最終的に売却できなかった場合に、保険的に「買取条件」を付ける場合がありますが、これには要注意です。最終的に安く買取をするために、まじめに販売活動をしてくれない可能性があります。

不動産会社との買取交渉の大まかな流れは以下の順序です。

  1. 不動産会社に買取の依頼をする。
  2. 不動産会社より価格の提示
  3. 不動産会社との価格交渉
  4. 不動産会社との売買契約書の締結
  5. 不動産の引き渡し

業者買取について詳しくはこちらの記事でも解説しています。
https://xn--u9j0hna0bs3ksc0a0fc7728gb1n.jp/trader-purchase/

個人間売買:知り合いに直接売る方法

親戚や友人、知り合いに直接売却する場合に個人間売買を行うことがあります。

不動産会社に仲介依頼をすると、仲介手数料として売却価格の3%+6万円を支払います。しかし、自分で購入する人を見つけて、不動産会社を通さないことでこの仲介手数料を節約できます。

しかし、注意してほしいのは、契約まわりのことです。

中古マンションなどの不動産は非常に高額です。個人間で売買が成立しても、口頭での約束や素人の作った契約書ではトラブルの原因となりかねません。

そのため、トラブル防止の観点から、不動産会社に「不動産売買契約書」のみを作成依頼し、きちんとした契約書を交わすべきです。親しき仲にも礼儀あり。のちのちの思わぬトラブルを防ぐために契約書を交わすことは必須です。

また、マンションの「所有権移転登記」「抵当権抹消登記」も必要ですので同時に不動産会社に依頼しましょう。

上記の合計依頼費用の相場価格は30万前後です。結局、手間の割りには節約にならないかもしれないことは頭に入れておきましょう。

友人にマンションを売却する際の注意点をこちらにまとめました。
https://xn--u9j0hna0bs3ksc0a0fc7728gb1n.jp/friend/

まとめ

マンションを売る方法としては、不動産会社に仲介を依頼する方法が一番スタンダードでしょう。

早く売りたいなら、相場より少し安い売り出し価格から始めて、様子を見て値下げしていく戦略もあります。

任意売却や業者買取、個人間売買といった方法のメリットとデメリットをしっかり把握した上で売却方法を選択してくださいね。