マンション売却に強い!おすすめの不動産屋の選び方

マンション売却は、不動産屋を探すことからスタートします。良い不動産屋を見つければ、売却は成功したも同然です。

逆に不動産屋選びで失敗すると、時間もお金も大きく失うことになってしまいます。

この記事では、不動産屋を選ぶために知っておくべきこと、選ぶための基準、具体的な選び方を紹介していきます。

不動産屋には業務の得意不得意がある

不動産屋には、業務の得意不得意があります。

マンション売却が不得意な業者を選ぶと、売却がスムーズに進みません。売却価格もかなり安くなってしまう可能性があります。

売買仲介を得意としている不動産屋を探しましょう。

HOME4Uなどのマンション売却の一括査定サービスに参加している業者は、マンション売却も得意なところが多いので、まずはこういうサイトを利用するのもおすすめです。

不動産会社の得意分野や不得意分野については以下の記事を参考にしてください。
不動産会社には業務の得意・不得意がある 不動産会社には業務の得意不得意がある、マンション売却は売買仲介をメインとした会社へ

不動産の両手仲介と片手仲介を知っておこう

不動産業界独自の用語に、「両手仲介」「片手仲介」というものがあります。不動産屋を探す前に知っておきましょう。

マンションなどの不動産を売却するときには、不動産屋に依頼するのが普通ですよね。不動産屋は売買を成立させることで仲介手数料を受け取って儲けています。

この仲介手数料の受け取り方に「両手仲介」と「片手仲介」の2種類があります。

片手仲介と両手仲介

まずは、それぞれの仲介の仕組みを見ていきましょう。

片手仲介(共同仲介)

売主側と買主側にそれぞれ別の不動産屋が入って行う取引が片手仲介です。

2つの別の不動産会社が売主、買主それぞれに付いて、売買を成立させます。売買契約が成立すると、売主は売主側の不動産会社へ、買主は買主側の不動産会社へ仲介手数料を支払います。

こういう取引を「片手仲介」と言います。

両手仲介(単独仲介)

片手仲介とは違い、取引に関わる不動産会社が1社のみで、売主と買主に同じ不動産屋が付く場合を「両手仲介」と呼びます。

売却依頼を受けた中古マンションを、自社のお客さんに売るようなケースが一般的です。

売買が成立すると不動産屋は売主からも買主からも仲介手数料を受け取れます。単純に倍の儲けになるわけです。

これを不動産業界で「両手仲介」と呼んでいます。

両手仲介の問題点

両手仲介は、売主にとって不利益につながる可能性があります。

不動産屋からすれば両手仲介でまとめた方が儲かるので、片手仲介より両手仲介にしたいと考えます。その結果、他の不動産屋が紹介してくるお客さんに内覧をさせなかったり、意図的に売却情報を隠したりすることがあります。

もし他の不動産会社から問い合わせがあっても、「すでに商談中です」と言って断ってしまうこともあります。

こうした行為は「囲い込み」と呼ばれ、昨今問題視されています。

囲い込みの結果、売却までに時間がかかるだけでなく、相場より安い売却価格になる恐れもあります。

両手仲介については、こちらの記事も参考にしてください。
マンション売却の両手仲介と片手仲介を知っておこう

不動産屋についてのネットの口コミは参考にしない

不動産屋を検討するときには、ついインターネットで評判を検索してしまいがちですが、ウソの情報も多く、混乱してしまうだけかもしれません。

ネットの口コミ情報は不動産屋同士が、ライバルの悪口を書いたり、自社の良い情報を書いたりしています。業界外の素人では、口コミ情報の信ぴょう性を確かめられません。

つまり、口コミ情報は見ても参考にできないのです。割り切って、ネットの口コミは見ないことにしてしまって問題ないと思います。

業者のことが心配なら、行政処分情報などがあるかないかだけに注意するようにしましょう。

行政処分について詳しくはこちらの記事で説明しています。
不動産屋の行政処分情報を調べてみる

また、少しでも不安を感じるなら、別の不動産屋に依頼すればいいでしょう。不動産屋は数多く存在しているので、一つの業者にこだわる必要はありません。

不動産屋を選ぶための方針

さて、ここから良い不動産屋の選び方について具体的に見ていきましょう。

まず基本は、複数の不動産屋に査定を依頼することです。

「査定を依頼する不動産屋選び → 査定結果をもとに売却を依頼する不動産屋を決定する」という流れを意識しておきましょう。

複数の不動産屋に効率的に査定を依頼するなら、一括査定サービスが便利です。

査定依頼する不動産屋は下記の基準で選びましょう。

  • ブランドマンションは、販売元に査定してもらう
  • 大手不動産会社と地元の中小の不動産屋に査定依頼をする

また、詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

ブランドマンションを売却するときは分譲した不動産会社にもアプローチしよう
大手と地域密着の中小の不動産会社の違いはこちらで解説しています。
マンション売却が得意な大手の不動産業者一覧。迷ったら大手が安心なワケ 地元の不動産屋にマンション売却を依頼するメリットとデメリット

一括査定サービスを使って、大手と地元の不動産屋にバランスよく依頼しよう

マンション売却の基本は、複数の不動産屋に査定してもらうことです。1社の考えだけをうのみにするのではなく、さまざまな視点からマンションを評価してもらうことで、相場が分かり、売却もうまく進みます。

不動産屋や担当営業マンの当たり外れも考慮して、大手2社、地元2社くらいに査定してもらうのが良いでしょう。

一括査定サービスを使うと、6社までまとめて査定を依頼できます。マンションの情報入力が一度で済むので、こういうサービスを利用した方が便利です。

HOME4Uは実績15年超の日本初の不動産一括査定サイト HOME4Uの不動産売却一括査定が安心できる理由を解説中

訪問査定で不動産屋を見極める

査定にはマンションを見ないで算出する机上査定と、担当者がきちんと見た上で算出する訪問査定があります。本気でマンションを売却する気なら、複数の不動産屋に訪問査定をお願いしましょう。

机上査定と訪問査定については、こちらの記事に詳しく書いています。
机上査定と訪問査定の方法の違いとメリット・デメリットを知ってマンション売却に臨もう

不動産屋と結ぶ媒介契約には3種類ある

訪問査定の結果、気に入った不動産屋があれば、いよいよ売却のための契約を不動産屋と結びます。この契約のことを媒介契約と言います。

媒介契約には3種類あります。複数の不動産屋に依頼したいかどうかが大事なポイントで、それができる「一般媒介契約」か、1社だけにしか依頼できない「専任媒介契約(あるいは専属専任媒介)」かを選ぶことになります。

基本的には、専任媒介契約で問題ありません。

3種類の媒介契約について詳しくはこちらで解説しています。
媒介契約のメリットデメリット マンション売却には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれがいい?正解は専任媒介!

3ヶ月経って売れなかったら不動産屋の変更も

3ヶ月経って、売れなかったら、その不動産屋とさらに3ヶ月付き合うか、別の不動産屋にお願いするか一度検討してみましょう。

最近は、最初は大手に依頼して、それで売れなくて地域密着型の小さな不動産屋に変更する人も多いそうです。

もし変更するのなら、前の不動産屋とは違うタイプを選んでみるのがオススメです。

具体的には、地域密着型か大手かという点で考えてみましょう。できれば、前に依頼した業者とは違う毛色の業者にお願いしたいところです。

まとめ

不動産屋選びは、コツを知れば難しいことではありません。

不動産屋の得意不得意や両手仲介の危険性を知った上で、一括査定をベースに探しましょう。

訪問査定を通じて、情報収集と、フィーリングの合う不動産屋探しをすれば、不動産屋選びで大失敗という事態にはならないでしょう。

面倒かもしれませんが、複数の不動産屋に訪問査定をしてもらう手間をかけることだけ我慢しましょう。何ヶ月もストレスを抱えて売却活動をするよりはよっぽどマシです。