マンション売却の査定価格はあくまで目安。売却額は低くなることが多い

マンション売却の査定価格はあくまで目安。売却額は低くなることが多い
マンション売却をするとき、不動産会社に売れそうな価格を査定をしてもらうステップを踏むことがほとんどです。

そこで注意してほしいのが、査定価格はあくまで目安であってそのままの金額では売れないという点です。

また多くのケースで買い手からの値引き交渉が入るため、査定価格より売却額は低くなると想定しておきましょう。

マンション売却の場面で出てくる3つの価格、査定価格・売り出し価格・売却金額についてもこの記事で解説します。

マンションがどれくらいで売れるのかの目安が知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

平均売却期間より早く売れて嬉しい人のイメージ マンション売却期間の平均とそれより早く売るための不動産屋選び

不動産会社の査定価格はこれくらいで売れそうという目安

不動産会社の査定価格はこれくらいで売れそうという目安
不動産会社はマンションを査定するときには、過去の売却事例のなかで似たような物件がどれくらいで売れているかを踏まえて、査定額を出してきます。

その査定額は、不動産会社の営業マンや担当者が考える売れそうな価格です。

運が良ければそのままの金額で売れますが、なかなか売れずに値下げを繰り返す可能性もあります。

また、一括査定で他者と競争している場合、むやみに高い査定額を出して、自分の会社に売却を任せてもらおうという手法も存在します。

もちろん、そんな金額ではなかなか売れません。そういう会社は、一定期間売却活動をしたあとで「状況が厳しいので値下げをしてみましょう」などと提案し、結局他の会社が出していた査定価格と同じレベルまで値下げしてしまうのです。

時間もムダになってしまうので要注意です。

査定価格で不動産会社を選ぶのはやめましょう。

マンション売却の査定価格は目安と考えて、査定の対応や営業マンの人柄・相性などを見て売却を依頼する不動産会社を決めるべきです。

査定価格は目安!かならず覚えておいてください。

実際の売却金額は買い手との交渉で値引きさせられることが多い

値引き交渉が多い。ダメ元でも安い値段で交渉してくる買い手
査定価格が目安というのは、中古マンション売買の場合、買い手からの値引き交渉が多いからでもあります。

いくらで売り出していても、買い手は購入申込の段階で、ダメ元で値引きした金額を提示してきます。

そこからが交渉スタートです。

もちろん買いたい人がたくさんいれば、値引きは拒否しても構いません。しかし、できればその人に買ってほしいという状況なら、多少の値引きは受けてあげるのも戦略のひとつです。

よく使う手は、売り出し価格の時点で端数の80万円などを載せておいて、その分を値引きして上げるという方法です。

実際は最初から上乗せしていただけでも、買い手が気分良く購入してくれます。

査定価格・売り出し価格・売却金額の3つの値段を知っておこう

査定価格・売り出し価格・売却金額
マンション売却の価格としてよく出てくる3つの違いを説明します。

  • 査定価格:査定で提示される。不動産会社が考える売れそうな金額のこと。
  • 売り出し価格この金額で売っていますと公表される価格。チラシやホームページ、不動産業者用の専用データベースなどに載ります。
  • 売却金額:売り手と買い手が納得の上、契約して決まる最終価格。売却代金。

3つの関係性としては、査定価格をベースに売り出し価格を決めて、売り出し価格から値引きを経て売却金額になるというイメージです。

査定価格そのままで売り出す人もいますし、急いでいれば査定より安く、余裕があれば査定より高く、と売り出し価格を調整します。

まとめ

マンション売却の査定価格はあくまで目安ということだけ覚えておけばOKです。

そのままの金額で売れると勘違いしないように注意してください。

不動産業者を選ぶときは査定価格ではなく、会社としての信用性や営業マンの対応力・提案力などを幅広く見て決めるようにしましょう。

以下の査定担当の営業マンの見極め方の記事も参考にしてみてください。

訪問査定に来た営業マンの良し悪しを見分けよう。誠実な人柄、豊富な不動産知識、円滑なコミュニケーション マンション売却前には査定担当の不動産会社の営業マンの実力をチェックしよう