媒介契約[マンション売却の流れ②]

媒介契約(マンション売却の流れ②)
マンション売却の媒介契約とは、不動産業者に中古マンションの売却を任せることを定めた契約です。

媒介契約を結ぶことで、不動産業者は購入希望者を探して、契約のサポートをしてくれます。

媒介契約には、一般媒介と専任媒介、専属専任媒介の3種類の契約形態があります。

それぞれの特徴を把握して選ぶようにしましょう。

マンション売却の媒介契約は3種類

マンション売却を不動産会社に依頼するときの契約形態には、3つのパターンがあります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

それぞれの違いを解説しました。

迷うようなら専任媒介契約で1社の不動産会社に依頼するのが安心です。
媒介契約のメリットデメリット マンション売却には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれがいい?正解は専任媒介!
専任媒介契約・専属専任媒介契約で1社の不動産業者に依頼するメリットとデメリット

一般媒介契約

マンション売却時の一般媒介契約は、複数の不動産会社に同時に依頼するときに使います。

しかし日程調整などの連絡が複雑になるので不動産売却の経験が少ない人にはおすすめできません。

また「他の会社が売るかもしれない」と思われて、売却活動に積極的になってもらえないリスクもあります。

よほどの理由がない限り、一般媒介契約を選ぶのはやめておきましょう。
一般媒介契約で同時に複数の不動産業者に依頼するメリットとデメリット

一般媒介契約を結ぶときの契約書に書かれている内容を解説しました。
不動産売却の一般媒介契約書の記載内容

一般媒介から専任媒介、もしくは専任媒介から一般媒介に契約形態を変更する方法を解説しています。
不動産売却の専任媒介と一般媒介の切り替え方法

一般媒介契約には、他に依頼している会社名を共有する「明示型」と共有の必要のない「非明示型」があります。

競争意識を持ってもらうためには「明示型」で進めるのがベターですが、連絡の手間は増えます。
一般媒介契約には「明示型」と「非明示型」の2種類がある

専任媒介契約(当サイトおすすめの形態)

専任媒介契約は、1社の不動産会社に売却を依頼する契約方法です。

連絡ペースや制限がちょうどいいバランスなので、迷ったらこれにしておけばいいでしょう。

専属専任媒介とのいちばんの違いは、自分で見つけてきた相手と自由に契約できるかどうかです。
専任媒介と専属専任媒介の違い 専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いは自己発見取引の可・不可に注目!

専任媒介契約を結ぶときの契約書の内容を解説しました。
不動産売却の専任媒介契約書の掲載内容

一般媒介と専任媒介、専属専任媒介の比較は以下の記事で分かりやすくまとめています。
媒介契約のメリットデメリット マンション売却には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれがいい?正解は専任媒介!

専属専任媒介契約

連絡ペースを早くしてほしい場合や不動産会社側から頼まれた場合に専属専任媒介契約を選ぶケースもあります。

自分で見つけてきた相手に売る場合でも、仲介手数料を支払って不動産会社を経由しないといけない点だけ覚えておいてください。

専属専任媒介契約の契約書に明記されています。内容については以下の記事で解説しています。
不動産売却の専属専任媒介契約書の記載内容

マンション売却の媒介契約の期間は?

媒介契約の期間は、基本は3ヶ月です。

専任媒介と専属専任媒介の2つは法律で最長3ヶ月と定められています。

一般媒介の場合は自由ですが、推奨されているのは3ヶ月です。長すぎる契約にされないように「とりあえず3ヶ月更新で」と伝えましょう。

不動産媒介契約の期間は基本3ヶ月です

マンション売却の媒介契約の更新・延長は?

不動産会社との媒介契約は3ヶ月ごとに更新していくのが普通です。

専任媒介と専属専任媒介は、書面による更新手続きが必要なので、勝手に更新されていくことはありません。

一般媒介だけは法律での制限がないので、自動更新があります。しかし、3ヶ月での更新と契約書で決めておけば、その都度更新するか終了するか判断できます。

契約時には気にならないかもしれませんが、悪質・低レベルな業者に引っかかる可能性も踏まえて、3ヶ月で更新するか止められるようにしておきましょう。
不動産媒介契約の更新・延長は依頼主が決める

マンション売却の媒介契約の必要書類は?

媒介契約時に必須の書類はそれほど多くありません。

本人確認ができて、そのマンションの所有者と分かる登記書類があれば大丈夫です。

不動産会社によって求められる書類が違うので、媒介契約前によくチェックしてください。
マンションの媒介契約での必要書類をまとめました

マンション売却の媒介契約の媒介契約書とは?

3種類いずれの媒介契約を結ぶ場合でも、媒介契約書を作成して交付する義務が不動産会社にはあります。

売買契約書と比べると軽視しがちですが、媒介契約も内容をしっかり把握しておきましょう。
マンション売却の媒介契約書の書面交付義務や印紙について調べました

マンション売却の媒介契約の解除(キャンセル)はできる?

媒介契約をキャンセルしたい場合、3ヶ月の契約期間が終わるタイミングを待つのがスムーズです。

途中での契約解除について媒介契約書に書かれている内容もしっかり確認しましょう。
媒介契約を解除(キャンセル)したい!一般媒介ならペナルティなし!

マンション売却で媒介契約後に不動産業者の変更はできる?

媒介契約を結んだ不動産会社を変更したい場合には、3ヶ月の契約更新のタイミングで変更するのがベターです。

売主理由での途中解約では、それまでにかかった広告費を請求される場合もあるので、3ヶ月じっくり待ちましょう。
不動産業者の変更を考える人へ(メリット・違約金・解約方法)

マンション売却の媒介契約のトラブル防止のためのポイントは?

媒介契約関連のトラブルでいちばん考えられるのが、自己発見取引についてです。

専属専任媒介契約で売却を進めているときに、親戚の誰かが買いたいと言ってきて不動産会社に黙ってこっそり売ろうとしたケースなどは、違約金を請求されます。

また仲介手数料の支払いをめぐってのトラブルもあります。半金などで支払ってしまい、契約が白紙に戻ったときに返金を受けられないケースなどです。

まずは契約書の内容を確認して、そこに書いていることを守り、書いていないことは応じないという立場を貫きましょう。
媒介契約でトラブルを防ぐためにチェックしておきたいポイント

マンション売却の媒介契約は共有名義のときどうなる?

共有名義のマンションの場合、名義人全員の記載が求められます。

それができない場合は代表人が委任状を持って契約することになります。

マンションの場合、最も多いのは夫婦での共有名義でしょう。どちらの方法を取るか早めに決めておくといいでしょう。
共有名義のマンションを売るときの媒介契約

マンション売却の媒介契約で代理人を立てる場合の委任状は?

何らかの理由があって、代理人に委任して媒介契約を結ぶ場合には、トラブルが起こらないように細心の注意を払いましょう。

基本的には委任せずに本人が進めるようにしたいところです。
不動産媒介契約を代理人が進めるなら委任状を用意しよう


マンション売却の流れのページに戻る

マンション売却の流れ目次マンション売却の流れ
マンション売却の全体の流れを説明しています。