売買契約[マンション売却の流れ⑦]

売買契約(マンション売却の流れ⑦)
マンション売却の売買契約とは、内覧や価格交渉を経て中古マンション購入の意思を固めた人との間で正式に売却を決めるための契約です。

売買契約書の作成と手付金の受け渡しを不動産業者立ち会いの下で行います。

売買契約後のキャンセルでは違約金が発生するので注意しましょう。

マンション売買契約前の準備は?

マンション売却の売買契約までに売主が準備するものチェックリスト

マンション売買契約時の買主の住宅ローン特約とは?予備審査とは?

マンション売却の売買契約時では住宅ローン特約に要注意
マンション売却の契約前には買主の住宅ローンの予備審査(事前審査)状況も確認しよう

マンション売買契約日の流れは?

中古マンションの売買契約日の流れを売主と買主の立場で見てみよう

マンション売買契約時のお金の流れは?

マンション売買契約日のお金の動きを知っておこう(売主が用意するお金・手付金など)

マンション売買契約書の記載内容は?

マンション売却での売買契約書の記載内容を知っておこう

マンション売買契約の手付金と手付解除とは?

マンション売却での売買契約の手付金と手付解除について知っておこう

マンション売買契約後のキャンセルは?

マンション売却の売買契約後にキャンセルしたい場合の契約解除方法(手付金倍返しと違約金のルール)

マンション売買契約時の注意点は?

マンション売却の契約での注意点まとめ【契約書・お金と書類の準備など】
マンション売却の流れへ戻る