マンション売却の流れ

マンション売却の流れ

マンション売却の流れ

マンション売却の流れ全体を①から⑩のステップごとにまとめています。

リンクしているページに移動するとより細かい内容の記事が読めます。

まずはマンション売却全体の流れをこのページでつかんでください。

マンション売却の流れSTEP①~⑩

マンション査定


最初に不動産会社から査定を受けます。複数の不動産会社の査定を比較しましょう。
売却のスタートは不動産会社にいくらで売れそうか査定してもらうところからです。

最低でも3社の訪問査定を受けて、自分と合う人を探します。

査定金額はそれほど重要ではなく、信頼できる人を探すこと、複数の査定内容を比較して自分のマンションの強みを知ることが大事です。

媒介契約


不動産会社に売却依頼する契約のことを媒介契約と呼びます。
査定をもらった不動産会社の中から1社を決めて、売却を依頼する契約を結びます。

不動産会社との契約のことを媒介契約と言います。

基本的には専任媒介契約を選んでおけば問題ありません

売り出し活動


価格を決めて、広告を出して本格的に売却をスタートさせます。
いくらで売るか決めて、広告を出して売却活動が始まります。

レインズという不動産業者専用のデータベースへの登録やチラシの配布、インターネットの中古マンション情報サイトへの掲載などが主な宣伝方法です。

より多くの人に情報が届くようにできることはなんでもやってもらいましょう。

掃除・リフォーム


購入希望者が来る前に室内をきれいにしておきましょう。
売り出し活動と並行して、室内の掃除や補修をしておきます。

次に説明する内覧でどこがチェックされやすいかを知って、効率良く掃除とリフォームに取り組みましょう。

必要ならハウスクリーニングの利用も検討してください。

内覧


購入を検討している人がマンションを見に来ることを内覧と言います。
実際に購入希望者が室内を見に来るのが内覧です。

先住者として知っておくといい情報を教えてあげたり、快適な空間を演出したりして、買いたい気持ちになるように出迎えましょう。

購入申し込み


買いたいという人から申込が入ります。ここから価格交渉もスタートします。
内覧で気に入った人から購入申込書が届きます。

そこにはいくらで買いたいと書かれているので、価格交渉して落としどころを探りましょう。安易な値下げに応じる必要はありません。

売買契約


買い手が決まったら、その人と売買契約を交わします。
価格交渉がまとまったら、いよいよ売買契約を結びます。

対面して売買契約書に記名捺印し、手付金も受け取ります。

ここから先は売主の都合でもキャンセルはしにくいので要注意です。あとから高い価格で買いたいと言われても、契約してしまったら戻れません。

決済・引き渡し


マンションを明け渡して、売却代金をすべて受け取ります。
売却代金の全額と引き換えにマンションの部屋を引き渡します。

このときに住宅ローンが残っていれば、売却代金を充てて全額返済します。

所有権の登記などで司法書士の先生も立ち会います。

決済と引き渡しが終わったら、不動産会社に仲介手数料も支払って売却活動は一旦終了です。

売却完了後


売却手続きが終わったあとに気をつけておきたいのは、瑕疵担保責任です。
売却完了後に故障やキズなどのクレームが入る可能性があります。

瑕疵担保責任と言って売却後の一定の期間は売主負担で修理しないといけないことがあるのです。

売却前に説明したことはこれに当たらないので、正直にすべて説明して買ってもらった方がいいでしょう。

確定申告


マンション売却をした翌年には確定申告をしなければいけない点も忘れないようにしましょう。
マンション売却の結果、損をしても得をしても、確定申告することを覚えておきましょう。

赤字が出た場合には所得税や住民税が安くなるかもしれません。

また黒字が出れば当然納税をしなければいけませんが、特例で税負担がなくなることもあります。

不安なら税理士さんに依頼して確定申告をしましょう。


マンション売却のトリセツTOPへ戻る