売却前に中古マンションらくらくフラット35対象か確認しよう

中古マンションらくらくフラット35

固定金利で人気の住宅ローン、フラット35。

フラット35は中古マンション購入のためにも利用できます。

利用のためには基準を満たしているかの検査をした上で、適合証明書を取得する必要があります。

しかし、中古マンションらくらくフラット35対象のマンションならそれを省略できます

売主としてはアピールポイントとして使える制度です。

中古マンションらくらくフラット35とは

中古マンションらくらくフラット35とは、住宅金融支援機構の決めた基準に適合した対象の中古マンションなら、適合証明書の取得を省略できる制度です。

簡単に言うと、マンション単位でフラット35の基準を満たしているから、中古で買った人はあらためて検査しなくてもいいよという仕組みです。

対象のマンションかどうかはこちらから検索できます。

参考 フラット35登録マンション検索長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

中古マンションらくらくフラット35対象なら適合証明書の取得を省略でき買主が住宅ローンを組みやすい

フラット35で住宅ローンを組むためには、普通は検査機関による物件検査を受ける必要があります。

検査費用が数万円かかり、結果が出るまでに時間もかかります

中古マンションらくらくフラット35対象のマンションなら、これらを省略して進めることができます。

中古マンション購入時にもほとんどの買主は住宅ローンを組むので、フラット35が借りやすいのはかなりのアピールポイントになります。

マイソクにぜひ「中古マンションらくらくフラット35対象」と不動産会社の担当に書いてもらうようにしましょう。

マイソク イメージ マイソクの良し悪しで売却成功が決まる?!

フラット35Sの金利Aプランを買主が利用したい場合は物件検査が必要

中古マンションらくらくフラット35で適合証明書を省略できるのは、フラット35S金利Bプランです。

買主が金利Aプランを利用したい場合は、物件検査を受ける必要があるので注意してください。

金利Bプランは当初5年間金利引き下げですが、金利Aプランなら当初10年間金利引き下げを受けられます。

5年で得する金額と検査費用を比較すると、得する方が大きくなることが多いので、金利Aプランの基準に達しているなら、そちらを選択する買主もいる可能性については覚えておきましょう。

検索と利用方法

中古マンションらくらくフラット35の対象かどうかは検索システムから調べられます。

参考 フラット35登録マンション検索長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

そのまま必要書類をPDFでダウンロード・印刷できるようになっています。

自分のマンション名があるかどうかチェックしてみてください。

まとめ

フラット35で住宅ローンを組もうと考えている買主にとって、適合証明書を省略できるのはとても嬉しいポイントです。

築年数の新しいマンションは対象となっているケースが多いので、ぜひ調べてみましょう。

借り入れの具体的な手続きは買主がします。売主はアピールポイントとしてマイソクに「中古マンションらくらくフラット35対象」と書くだけです。

不動産会社の人も見落とすことがあるので、しっかり自分でチェックしてくださいね。

売り出し活動について他の記事はこちらから読めます
売り出し活動(マンション売却の流れ③)③売り出し活動
価格を決めて、広告を出して本格的に売却をスタートさせます。