シンプルで失敗しない!無敵のマンション売却講座(全7回シリーズ記事)はコチラ!

汚いマンションを売るための方法

長年住んでいるとどうしてもマンションは汚れてきます。また、空き家状態や古い物件なら、汚い状態になるのを防ぐことは不可能でしょう。

そこで、汚いマンションを売却する際に最低限行っておきたいことが、物件をきれいに磨き上げることです。

購入希望者は中古マンションにも新築並みのきれいさを期待してしまうものです。明らかに汚いマンションでは、なかなか売れませんし、値下げの要求も受けるかもしれません。

今回は現状、汚い状態のマンションを売るためにできることをピックアップしました。

売却するマンションはできる限りきれいにしましょう

マンションは1000万円や2000万円もかけて購入するもの。汚いマンションは誰も購入したいと思いません。

また、マンションは都心であれば立地や駅徒歩○分など同じような条件のマンションが同じような価格で複数あります。最後の決め手がマンションの清潔感ということも少なくありません。

室内の床を磨くこと、お風呂やキッチン、トイレなどの水回りをきれいに保つこと、ガラスはきれいに磨き上げること、などできる限りの努力は惜しまず行いましょう。

内覧時に見られるポイントを解説したこちらの記事も参考にしてみてください。
この記事のまとめ マンション売却で内覧が来る前の掃除・片付けの重点ポイントは5ヵ所

玄関ロビーや廊下の雰囲気も大切

マンション売却の際に意外と大切なのが、ゴミ捨て場や玄関ロビー、廊下など共用部分の雰囲気です。

共用部分のため、できる事には限りがありますが、共用部分をきれいに保つように、自ら率先して掃除を行いましょう。

共用部分の庭の草刈りなど、時には周囲の協力を仰ぐことも必要です。

臭いにも気を遣おう

住んでいる人間には気づきにくいものですが、臭いも大切です。

特にペットを飼っている場合などは要注意です。

マンション見学時には窓を開けて換気をしたり、消臭剤、芳香剤を置いたりするなど臭いにも気をつけましょう。

ハウスクリーニングやリフォームは有効か

ハウスクリーニングやリフォームには費用がかかります。

ハウスクリーニングであれば大した費用にもなりませんが、ハウスクリーニングをしたからといって売買価格に影響することはありません。

できる範囲でマンションをきれいにしたものの、水回りや換気扇など、素人の手では限度があると感じる場合にはハウスクリーニングをするのも良いでしょう。

マンション売却前のハウスクリーニングは水回りを中心に検討しよう

また、リフォームですが、売却前にリフォームをしたとしても売買価格に影響はほとんどないと言われています。

お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りがあまりにも古いなど特別な事情がある場合を除いてリフォームはしなくても構いません。

一方でリフォームをしたほうが売りやすくなるということはあるでしょう。

ハウスクリーニングにしても、リフォームにしても、そこに掛けた金額は、売買価格には反映せず、早期売却するための投資と考えるくらいが良いでしょう。

まとめ

マンションを購入する買主の立場とすると、マンションを購入すると1000万円~2000万円もの負債を負うことになります。大金を出して、汚いマンションなど買いたくありません。

買主から見てマンションがどのように見えるのかを想像して、気持ちよく見学でき、気持ちよく住めるような努力をしましょう。