シンプルで失敗しない!無敵のマンション売却講座(全7回シリーズ記事)はコチラ!

住宅ローンの残っているマンションを貸すことができるのか?一時的な賃貸ならOK

住宅ローンの残っているマンションは貸せる?

多くの分譲マンションが賃貸に出されているのを見ると、自分の住宅ローン返済中のマンションも貸せると思いがちです。

しかし、貸すには条件があります。

この記事では住宅ローンが残っているマンションを貸す際の注意点を見ていきます。

一時的な賃貸ならOKのことが多い

住宅ローン返済中のマンションでも事情によっては金融機関が賃貸を認めてくれます

海外転勤や、国内でも通勤が困難な距離への転勤が代表的です。厳密に何キロ以上と定まっている銀行もあるそうです。

数年以内に戻る予定がありマンションを手放したくないなら、貸せる可能性が高いので金融機関の融資を受けた支店に相談しましょう。

また、住宅金融支援機構のフラット35でも、こうした一時的な理由なら賃貸に出すことが認められます。

金融機関で会社が発行した転勤の証明できる書類辞令、在職証明など)や転勤先の住民票などが必要になるケースもあります。

銀行に秘密で貸してもいいの?

転勤が理由でなく賃料収入目的で貸したい人は、「銀行に言いたくない」と考えるかもしれません。

銀行に言えば賃貸住宅用のローンに切り替えたり、優遇金利がなくなったりして、金利負担が増えます。住宅ローンは借りた本人やその家族が住むことが前提で安い金利になっているので仕方ありません。

また、単純に手続きが面倒で銀行に連絡したくない人もいるでしょう。

しかし、銀行に秘密で貸していて、それが露呈すれば、住宅ローンの残額を一括返済するよう迫られる可能性もあります。住宅ローンを悪用しているわけですから、銀行も強硬な態度を取ります。

くれぐれもこっそり貸そうなどと思わずに、あらかじめ金融機関に相談しましょう。

転勤以外でも合理的な理由があれば、貸すことを認めてもらえるかもしれません。

貸すデメリットも知っておこう

銀行の許可を得て貸す場合でも、いろいろとデメリットはあります。

もっとも大きいのは住宅ローン減税が使えなくなることです。ローン残高によっては、家賃収入が消し飛んでしまうかもしれません。だからと言って、年末だけ住民票を移動して減税を受けるのは、国をだまして税金の還付を受ける犯罪になるので絶対にやめましょう。

また、貸すデメリットをこちらの「貸す覚悟はあるか?」の記事にまとめているのを一部再掲します。
★マーク付きの項目はサブリースやリロケーションを利用することで解決します。

  • 住宅ローン返済額や管理費・修繕積立などと家賃のバランスによっては、持ち出しが発生する
  • ★退去のたびに内装などのリフォーム費用がかかる。
  • ★入居者からのクレーム対応が面倒くさい。
  • ★室内設備の故障などは大家が支払わなければいけない。
  • 賃貸に出すと部屋の傷みが激しい。
  • 喫煙者が入居すれば、部屋がタバコ臭くなってしまう。
  • 自殺など事件が起これば部屋の価値が暴落する。
  • 当初の家賃からどんどん下がっていく。
  • 空室になれば家賃収入がなくなる。
  • (別の家を買う場合)住宅ローンを完済していないとダブルローンとなり、貸してもらえないかもしれない。
  • ★一度貸すと収益物件の扱いとなり、今後売るときの査定金額がシビアになる。
  • ★思い通りに退去してもらえない。
  • 確定申告の手間がかかる。
マンションを貸すか売るか。「貸す覚悟」はあるか?

まとめ

転勤などが理由なら、リロケーションサービスを使って、管理の手間を省いた上で戻りやすい状態にしておきましょう。リロケーション・インターナショナルなどの業者はネットでも家賃の見積もりが取れます。

リロケーションは一時的な転勤の間、効率的に家を貸して管理を任せられるサービスです。
リロケーションサービスで留守宅を賢く貸そう リロケーションとは?転勤中の留守宅をかしこく貸す仕組みを知っておこう また戻る必要がないなら、貸すよりも売ることを検討してみましょう。売却価格によっては、面倒な大家業を頑張るより儲かるかもしれません。もし買いたい家が出てきたら二重ローン状態になってしまい、なかなか借りられないリスクもあります。

売却か賃貸か迷っているなら、マンションナビで査定をもらうのがオススメです。売却と賃貸の査定を同時に受けられる一括査定サービスです。