シンプルで失敗しない!無敵のマンション売却講座(全7回シリーズ記事)はコチラ!

知り合いの不動産屋にマンション売却を頼むのってアリ?

自分の大切な自宅であるマンションを売却するのに、何も知らない赤の他人に依頼するのは少し不安。

そんな場合は、自分の親戚や知り合いに不動産屋がいないか、聞いてまわってみるのも一つの手です。直接の親戚や知り合いではなくとも、人づてに紹介してもらうことはできるかもしれません。

しかし、一見安心のようにも思えるやり方ですが、実は知り合いの不動産屋を利用する事はメリットばかりではないのです。

そこで今回は、メリットとデメリットを詳しく解説してみたいと思います。

知り合いに依頼する場合のメリット

1:信用できる

当たり前のことかもしれませんが、これも重要なメリットです。

マンションの売却は非常に大きなお金が動きます。少しのミスが大きな損害に発展することもありますので、信用できる人に任せるということはとても重要なのです。

直接の知り合いでなくとも、知り合いの紹介であれば滅多なことはしないでしょう。

2:話しやすい

初めてのマンション売却は、わからないことが多く、不安だらけではないでしょうか?

初対面の営業マンよりも気の知れた知り合いや、知り合いから紹介してもらった人であれば話も弾むことでしょう。

わからないこともざっくばらんに聞くことができます。

3:手数料を値引きしてもらえることがあるかも

知り合いということで、仲介手数料を値引きしてもらえるかもしれません。

ですが、こちらからあまり言い過ぎると険悪なムードになるため、知り合いであるがゆえに難しいところでもあります。

知り合いが会社の中でどの程度の役職なのかにもよるでしょう。あまり期待しないようにしましょう。

知り合いに依頼することのデメリットは意外と大きい

ここまでで述べたメリットは当たり前と言えば当たり前ですが、正直なところ知り合いに頼むメリットはこれくらいしかありません。

反対に、知り合いに頼んだことによって、あとから後悔する人の方が多いようにも感じます。

では具体的にどのようなデメリットが発生しうるのでしょうか?

1:専門分野ではない「知り合い」である可能性がある

「知り合いに不動産屋いない?」
という探し方だと、いろいろな人が該当してきます。

  • 駅の近くにある賃貸を主要に扱う不動産屋
  • マンションの管理を専門に扱う不動産屋
  • 投資向けマンションの売買を専門に扱う不動産屋

これらはすべて「不動産屋」ですが、あなたの自宅マンションの売却に力を発揮できる不動産屋ではありません。

あなたの頼むべき不動産屋は「居住用マンションの売買に強い不動産屋」なのです。

しかし、人の紹介だとつい油断してしまい、これらの事をよく確認せぬまま依頼してしまい、あとから後悔するケースもあります。

不動産屋の方もこれらの事はあえて言わず「自分のところでできるよ」と言って引き受けてしまうことが多いので、事前に十分確認しましょう。

以下の記事も参考にしてください。
不動産会社には業務の得意・不得意がある 不動産会社には業務の得意不得意がある、マンション売却は売買仲介をメインとした会社へ

2:油断されやすい

「知り合いの紹介なんだから、ちゃんとやってくれるだろう」
という思い込みは禁物です。

マンション売却の上で、不動産屋がしなければならない最も重要なことは「売主への状況報告」です。

募集状況、契約の進捗状況などをこまめに報告してもらうことで、売主として「安心」できるのです。

しかし、これは不動産屋にとっては非常に面倒なことでもあります。「知り合いであれば少々のことで文句を言わないだろう」と油断されこまめな報告が受けられないということもあります。

3:断りにくい

このデメリットが一番大きいでしょう。

知り合いに依頼しようと考えている方に必ず覚えておいてほしいことは、知り合いに一度依頼すると余程のことがない限り「断れない」という点です。

あなたの知り合いがたまたま腕利きの営業マンであれば良いでしょう。

ですが、そうであるとは限りません。

営業が苦手で、抱えている顧客も少ない人かもしれません。しかし、あなたはその人が「知り合い」であるという理由だけでその人に依頼することになるのです。これは非常にリスクの高いことです。

万が一「はずれ」の営業マンであったとしても、簡単には断れません。なにせ知り合いですから、断ったら後の付き合いが大変です。

そのため、仕方なく継続して依頼し、結果的にすごく時間がかかったあげく、安い金額で売買が成立する可能性だってあるのです。

まとめ

知り合いにマンションの売却を依頼するかどうかは、あなたの好み次第です。

「知っている人に任せる安心感」を取るのであれば良いですが「できる限り高く売りたい」と思っている場合には「知り合い」の専門分野や力量、評判などを検討し、よく考えてから依頼をするべきです。

マンションの売却において、「知り合い」だからといって安易に飛びつくのは非常に危険なのです。

「知り合いは一度依頼したら断りにくい」

その事をよく覚えておきましょう。