築15年のマンションを売却するときの注意点

photo credit: "15" via photopin (license)

photo credit: “15” via photopin (license)

築15年のマンションを売却するなら、かなり値下がりしていると思った方がいいでしょう。

築10年や築5年のマンションの比較すると、どうしても見劣りしてしまいます。

一方で、状態の良いマンションや立地の良いマンションなら購入時の価格とそう変わらない値段で売れる可能性もあります。

築15年のマンションを売るときの注意点を見ていきましょう。

築15年のマンションは新築価格の半分以下になっていることを覚悟する

築15年を超えると購入希望者が減ります。やはり築10年までの物件に人気が集中するので仕方のないことです。

しかし、売却しようとする人が増えてくるのも築10年以降で、築15年なら同じマンション内で同時に売りに出している部屋があってもおかしくありません。

需要と供給で考えれば、買う人が少ないのに売る人が多いわけです。当然値段は下がります。

買う人が少ない理由の一つに築年数が進むと住宅ローンを組みにくい点があります。鉄筋コンクリート造の法定耐用年数は47年なので、築15年なら残り32年。必然的に中古マンション購入者が組める住宅ローンは、最長35年より短くなってしまいます。

もしいずれ売るつもりなら、購入者のローンが年々組みにくくなってくるので、早めに決断した方がいいでしょう。

また、15年前の建物ですから、修繕にもお金がかかります。修繕積立金が適切に貯まっていればいいのですが、積み立て不足があれば大規模修繕の際には臨時で支払わなければいけません。それを嫌がって敬遠する買い手もいます。

15年前なら建物によってはかなり高く売れる可能性がある

築15年の良い点も考えてみましょう。

15年前の2000年当時に建てられたマンションは今のマンションに近い設備が取り入れられていて、値段の割りに良い物件が多いのです。

食洗機浴室乾燥機床暖房バリアフリーなどの設備はありますか?

設備の良さをアピールできるような物件なら、購入時に近い価格で売れる可能性もあります。

また、阪神・淡路大震災以降の建物は、地震対策がしっかりとしているものが多く、構造的には安心できます。構造がしっかりしていると、室内をごっそり変更してしまうリノベーション向けにも使えるので買取をしてくれる業者も多いでしょう。

個別のケースは実際に査定を受けてみるまで分からない

築15年のマンションの良い点、悪い点を述べましたが、これらはあくまで一般論。あなたのマンションがどうかは分かりません。

どれくらいで売れるかを知るのに一番手っ取り早いのは、HOME4U一括査定サービスで机上査定をもらうことです。机上査定ではマンションの立地や広さなどから売却可能価格を査定してくれます。不動産会社の人に会わずに査定してもらえるので気楽です。

より正確な査定を受けたいなら、訪問査定をお願いしましょう。HOME4Uでも訪問査定の方がオススメされてます。

結局、売却をお願いする前には訪問査定を受けなければいけないので、「机上査定→訪問査定」と二度手間になるよりは、最初から「訪問査定」でも良いでしょう。

机上査定ではなく、訪問査定を複数の会社にしてもらうのは少しでも高く売るために必須です。

まとめ

築15年は良い印象も悪い印象も与える微妙な年数です。

購入希望者がどう思うかにかかっています。思ったよりきれいと思わせられるように、内覧前の掃除は頑張っておいた方がいいでしょう。

アピールするところはきちんとして、できるだけ高く売れるように手間をかけましょう。