内覧では子ども部屋や寝室、押し入れの中も見られると覚悟しておきましょう

マンション売却をする際、購入希望者が物件の内覧に訪れます。

そのときには、子ども部屋や寝室、押し入れまで細かく見られるものと思っておきましょう。

見せたくないと思うかもしれませんが、買う方も真剣なので、覚悟を決めてオープンにしましょう。

内覧では基本的にプライベートな空間も含めてすべて見せるべき

内覧に来る購入希望者は、物件についてすみずみまで見ておきたいと考えています。

そのため、子ども部屋や寝室、押し入れなどプライベートな空間もすべて見せることを前提にしておきましょう。

買主が物件を見るときの心理は以下のようなものです。

購入後の生活をイメージしたい

購入希望者は内覧を通して購入後の生活へのイメージをめぐらせています。

たとえば、子ども部屋や寝室として使用している部屋を見て、別の用途で使いたいと思うかもしれません。

押し入れを見ることで、部屋の収納力を考えたいということもあります

頭の中で具体的なイメージが固まれば、購入につながりやすくなるので、積極的に見てほしいところです。

売主の対応を見たい

マンションの売主がその物件を売りたいと思っているかどうかを、購入希望者への対応で判断されることもあります。

子ども部屋や寝室、押し入れなどを見せない売主に対してはその場所に何か不都合があるのかと疑ってしまうものです。

そうなってしまうと信用を得られず、購入を見送られてしまうかもしれません。

買主の立場になって考える

もし自分が売主ではなく買主の立場だった場合、物件の内覧に訪れたら部屋や収納のすみずみまで見ておきたいと思うものでしょう。

そして、買主は部屋のインテリアや収納されているものは見ていません。

それよりも部屋の広さや日当たり、収納機能を知りたいはずです。

できたら、あまり片付いていなくても、すべての部屋を見たいと思うのではないでしょうか。

実際に、部屋や収納が散らかっているという理由で購入を見送る買主はあまりいません。

それよりも、できるかぎり内覧に応じた方がスムーズにマンション売却の話を進められるのです。

まとめ

マンション売却前の内覧時、買主は部屋の整理ができているかどうかをあまり見ていません。

恥ずかしがらずに寝室や子ども部屋、押し入れまで見せる覚悟を決めてください。

売主としてできるだけオープンに見せられるように準備をして、買主の購買意欲を掻き立てるようにしましょう。


『内覧』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!