水回りの徹底的な掃除はマンション売却には必須

中古マンションの購入希望者が真っ先にチェックするポイントって分かりますか?

答えは水回り。内覧でも水回りをチェックしない人はいません。

マンション売却をするときには、水回りの掃除を徹底的に行っておきましょう。

なぜ、水回りを掃除した方がいいのか、その効果まで順番に見ていきましょう。

マンション売却する前に水回りはキレイにしておこう

中古マンションの購入を考える人は、ある程度の使用感は了承してくれています。

しかし、トイレや台所、お風呂などの水回りはそれでもやはり新品同様の基準を求められます。

水回りの印象が重要な理由を見てみましょう。

水回りは必ず買主が目にするところ

水回りは生活において重要な位置を占めるため、内覧の際には必ず見られます。

そして、水回りが清潔な状態であれば買主の心象がよくなり、安心して購入に踏み切ってもらえる可能性が上がります。

リフォームの必要があるか判断する

水回りは、使い方によっては傷みが進んでリフォームが必要になります

傷みが激しい印象を与えると、買主が購入後にリフォームをしなければならない可能性も出てくるため、購入を渋ってしまうこともあるのです。

値引き交渉

水回りがキレイかそうでないかで、マンション売却額にも影響が出ます。

傷みや汚れがある物件は、売却額は下げられてしまうと考えるべきでしょう。具体的にはリフォームが必要だという理由で値引きを要求されることもあります。

水回りの掃除が売却をスムーズにする

水回りがキレイなことが買主の購入ポイントになることも少なくありません。

中古マンションは奥さんが気に入らないとなかなか購入には至りません。逆に考えれば水回りがキレイだと奥さんの中でかなりポイントが上がって、旦那さんにも購入を後押ししてもらえます

つまり、奥さんを味方に付けるために水回りの掃除が重要なのです。

水回りに関しては日ごろからの掃除がものを言いますが、自分では行き届かないところもあるかもしれません。

その際には、業者にハウスクリーニングを依頼してできるだけピカピカの状態にしておくことがおすすめです。

ハウスクリーニングについてはこちらの記事も参考にしてください。

まとめ

マンション売却において水回りの印象はかなり重要なポイントです。

できるならハウスクリーニングを実施してキレイな状態にしておくことで、より早く売却が決まる可能性が高くなります。

ただし、ハウスクリーニングにかかる費用があまり高くなるようなら、マンション売却額に対して損をしてしまう場合もありますから注意しましょう。


『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!