マンション売却で万一の詐欺に遭わないためにチェックポイント

マンション売却で売主側が被害にあう詐欺というものはそうありませんが、用心はしておいて損は無いでしょう。

今回はマンション売却で詐欺にあわないようにするにはどんなことに注意すべきか見て行きましょう。

売主が合うかもしれない詐欺の手口

通常の取引では、代金決済が終わった後、登記移転とマンションの引き渡しをしますが、登記移転だけ先履行させて、その登記を使って他人に転売、そのまま姿を消すという詐欺の方法があります。

この場合、マンションの売買取引は解除となりますが、すでに転売されている場合は登記を取り戻すのは困難であり、泣き寝入りになってしまう可能性があります{詐欺の場合、民法上善意の第三者(転売されたマンションを買った者)には対抗できないので}。

登記識別情報(権利書)の管理は厳重に行いましょう。

マンションの権利書を紛失した場合の売却方法
マンション権利書である登記済証や登記識別情報通知書をなくしてしまった場合に、どのように売却を進めるかと説明しています。権利書がなくてもなんとかなります。

また、マンションの売買代金を小切手や手形で支払ってもらい、期日が来て換金しようとしたら不渡りで代金をもらえなかったという手口も実際に行われました。

もちろん期日が来る前に手形割引などで換金していたとしても、不渡りになれば銀行から換金したお金の返還を求められますので同じこととなります。

さらに、まだ必要が無いのに印鑑証明書を提出してもらって、それで登記を移転してしまうという手口もあるようです。

ちなみに印鑑証明書は登記移転の時ぐらいしか必要ありません。

ただ、不動産業者の中には時間短縮のため、取引終了までに必要な書類を前もってもらっておくというところもありますので、求められた場合にはどうしてその印鑑証明書を登記前に提出しなければいけないか理由を聞くようにしましょう。

マンション売却で詐欺に合わないようにするには?

①同時履行を要求する

詐欺師としては先に登記を入手し、それを第三者に転売して利益を得ようとするのが常套手段なので、どんな手を使っても登記移転の先履行を要求してくるはずです。

これに対抗するには、売主側は同時履行、つまり代金決済と登記の移転を同時に行うように要求しておけば、まずこのタイプの詐欺にあうことは無いでしょう。

決済の流れも参考にしてください。

マンション売却の決済日の流れ
決済と引き渡しが行われる一日の流れについて説明しています。

②小切手や手形での支払いは拒絶する

小切手や手形は不渡りになったらただの紙切れになってしまいますから、マンションの支払い方法としては危険なものです。

そのため小切手や手形での支払いを求めて来たら拒絶しましょう。

ただし、購入者が欧米の方の場合は、小切手が支払い手段としてスタンダードとなっていますから、そういう場合は支払いを先履行としてもらい、換金ができた後に登記を移転するようにしておきましょう。

③信頼できる人に立ち会ってもらう

信頼がおける人に立ち会ってもらうのも詐欺に合わない手段としてお勧めです。

売買契約や決済の場に、できれば取引経験が豊富な司法書士に立ち会ってもらうのが一番良いでしょう。

まとめ

「詐欺なんてあう訳がない」と思っている方が多いですが、実際詐欺師は巧妙ですので、注意に注意を重ねる必要があります。

マンションをはじめ不動産は高額な取引です。詐欺被害にあえば、大変な被害額となります。

今回、指摘したことは基本中の基本ですので、忘れないようにしてください。


『注意点』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!