マンションを早く売りたい人向けの売却のコツ

Runner athlete running on road.

マンションを売却する理由によっては、できるだけ早く売りたいと思うことがあります。離婚で早く処分したい場合や、転勤で赴任するまでに売却したい場合などがよくある理由でしょう。

では、早くマンションを売却したい場合、どんなことをすればいいのでしょうか?

急いで売却をしたいなら、早く売るためのコツがいくつかあります。

今回は早く売却したい場合にできることに絞って、売却のコツを見てみましょう。

値段を下げる

一番手っ取り早いのは、売却金額を下げることです。

どこの地域であっても相場が存在します。通常その相場にマンションの査定などを加味して売却金額を決めるのですが、できるだけ早く売却したいのならその相場より10~20%下げて買主を探してみましょう。

かなり早く買主が見つかるはずです。

内覧で決めてもらう

部屋を見てもらう内覧。実は内覧で購入希望者の方といろいろ話すことも早く売却するのに有効な手段となります。

世間話から始めて、親密になることができればそのまま売却代金の交渉に突入することも可能。

そこで値引きする旨を伝えれば、意外とすんなり売却が決まるかもしれません。

内覧まで来た人は気に入れば購入に進んでもらえるので、できるだけ好印象を与えて逃さないようにしたいところです。

内覧のコツも押さえておきましょう。

内覧前の掃除・準備の重点ポイントはココ!
内覧希望者を迎える前に重点的に掃除しておくべきポイントを解説。内覧ではどこが見られるのかを知っておきましょう。

先に空室にする

売却が決まる前にマンションから引っ越して空室にするのも早く売るための手段として有効です。

引っ越してハウスクリーニングを行えば見栄えがよくなり部屋自体の評価が高くなりますし、内覧も自由にしてもらえます。また、空室にすることで売買契約を結べばすぐに引き渡せることをアピールできますので、購入希望者の心証も良くなります。

さらに、広告では「即入居可」というフレーズを使えるようになりますので、すぐに引っ越したい購入希望者へのアピールとしてはこれ以上のものはありません。

空室と居住中を比較した記事も参考にしてみてください。

マンション売却の内覧では居住中と空き家どっちがいい?
売却活動の前に引っ越しを済ませて空き家にすべきか、住んだまま売り出しをするのかについて、メリットとデメリットをまとめました。

大規模な広告を打つ

マンションの売り出しをしていることを知ってもらわないことには、買主は見つかりません。

そこで有効なのが広告です。

通常、仲介業者独自のネットワークを使ったり(レインズ)、ネットの売買サイトにマンションの情報を載せたりして、買主を探しますが、仲介業者に依頼してさらに広告を増やしてもらいましょう。

レインズについて詳しくはこちら。

売り出し開始後はレインズへの掲載状況を確認しよう
レインズへの登録はマンション売却活動の中でとても大事なことです。レインズの制度や役割を説明しています。

ポータルサイトへの掲載についてはこちらの記事で解説しています。

有名不動産売買ポータルサイトへの掲載を確認しよう(SUUMO、ホームズ、athome、ヤフー不動産etc)
中古マンション売買情報を扱ったサイトへの掲載で売却が早くできる可能性が高まります。有名なポータルサイト情報、掲載方法、掲載確認の方法など。

ただし、仲介業者が自発的に行う広告費は仲介手数料に含まれますが、売主が依頼した広告に関しては別途広告料が請求されることがあります。

折り込みチラシやポスティングの広告費は不動産会社負担が一般的
折り込みチラシやポスティングなどの広告費は不動産会社が負担するのが基本です。

しかし、広告によって認知度がかなり変わってきますから、とにかく早く売りたいなら広告をどんどんやってもらいましょう。

買取り請求をする

仲介業者によっては、期間内に買主が見つからない場合は、買い取ることを武器にしているところがあります。

期間が過ぎることが前提ですが、その業者に買い取ってもらうことで売却するという目的を達成できます。

ただし買取り金額は相場より低くなるので、その点にはご注意ください。

下取り保証や買取り保証などのサービス名の場合もあります。

マンション売却で買取り保証を付けるメリット・デメリット
売り出し活動の結果、買主が見つからなかった場合に業者が買取りを実施してくれる買取り保証(売却保証)について説明しています。

まとめ

このように早く売却するためにできるテクニックはいろいろあります。

ただし、どれもお金がかかったり売却代金が下がったりするものばかりですので、これらの手法を使うかどうかはよく考えて使うようにしてください。

じっくり腰を据えて売却活動を進める方が、高い値段での売却には近づきます。

早さを求めるか、価格を求めるか、自分のなかで判断基準を作っておきましょう。

手続きでストップすることがないようにスムーズに売却活動をするポイントも押さえておきましょう。

ストレスなくスムーズにマンション売却を進めるコツまとめ
スムーズに売却活動を進めるために前もっていろいろと準備していきましょう。

  マンション売却には、HOME4Uで一括査定を利用するのがお勧めです。

理由1.街の不動産屋だと何百万円も損する!?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

マンションは一生に何度もない高額なもの。ちょっとしたことが大きな損につながります。値下げや宣伝の方法がマズイと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

理由2.HOME4U参加の不動産屋は売却に強い!

HOME4Uにはマンションを売却したい人が集まります。

サービス申し込み後、査定金額や内容をもらって業者を比べます。

つまり、参加業者からすれば、他の不動産屋と提案で勝負して、売却したい人からの依頼を勝ち取らなくてはいけないのです。

だからこそ、売却が得意な会社だけが集まっています。

早く売りたい!」「高く売りたい!」と考えるなら、売却が得意な会社に任せるのが一番です。

理由3.一括査定で相場を知っておくのが売却成功のコツ!

マンションの価格が適正かどうかはカンタンには分かりません。売却が終わってから「もっと高く売れたかも……!?」と後悔する人も多いんです。

一括査定を利用すると、最大6社の査定価格が出て、自分のマンションがいくらで売れるか相場が分かります

あとで後悔しないためにも、マンション売却のスタートは一括査定がオススメです。

HOME4Uマンション一括査定のサービス内容を見る

  東京・神奈川・埼玉・千葉の方はソニー不動産にも査定してもらおう!

ソニー不動産は一括査定では選べない。

ソニーが始めた不動産会社として有名なソニー不動産。独自のメリットがあるので、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のマンションを売却するなら一度査定してほしい会社です!

しかし、HOME4Uの一括査定には参加していないので、個別に申し込みが必要です。

売りたい人のためだけに働いてくれる売却エージェントサービスがスゴい!

ソニー不動産独自のメリットが売却エージェントサービスです。

一般的なマンション売買では、売主と買主をそれぞれ別の不動産会社が担当します。しかし、同じ不動産会社が両方の担当をするケースがあります。

売主と買主から仲介手数料を受け取れるため、できれば他社からは買ってほしくないとまで考えます。

売り手の立場で見ると、値下がり売却期間の長期化につながるので、避けたい状況です。

ソニー不動産の売却エージェントサービスは、このような両方の代理を禁止されていて、売りたい人のためだけに働いてくれます。詳しくは下記のソニー不動産のページで図解されています。分かりやすい動画もあるので一度チェックしてみてください。

ソニー不動産のサービス内容を見る


『マンション売却アドバイス』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!