マンションを売却する代わりに賃貸に出す選択肢を考えてみる

photo credit: For Rent sign via photopin (license)

photo credit: For Rent sign via photopin (license)

今のマンションに転勤などの事情で住めなくなった場合、マンションを売却するのが唯一の選択肢というわけではなく、他人に貸すという選択肢もあります。

今回は、売却せずにマンションを賃貸に出した場合、どんなメリット、デメリットがあるのか見てみましょう。

賃貸に出すメリット

月々の住宅ローンの返済額より高額の賃料で貸し出すことが可能であれば、収益を得ることができます。

また、賃貸に出すことにより、管理費や修繕費などを経費扱いにすることができるようになりますので、節税にもつながるでしょう。

賃貸に出すデメリット

賃貸に出しても借り手がいないと、当然、賃料は得られません。

昨今マンションの空室率が飛躍的に上がっており、借り手の目も厳しくなっています。

立地や築年数によってはなかなか借り手が見つからないことも覚悟しておかなければいけません。

また賃貸である以上、入居者が出ていった場合、部屋の修繕などもその都度しなくてはいけませんので意外と大変なのです。

そして通常の賃貸契約を結ぶと入居者が退去すると言わない限り、契約が更新され、余程のことが無いと出ていかせることができませんので、自由に売却できなくなってしまいます。

また、売却時には居住用ではなく、事業用(投資用)物件として扱われる可能性も出てきます。

賃貸中のマンションの売却についてはこちらで解説しています。

賃貸中のマンションの売却の注意点
賃貸に出しているマンションの売却は普通の売却とは違ってきます。定期借家契約などがなければ、入居者に立ち退きなどは求められない点も要注意です。

入居者の退去をスムーズにするために定期借家契約を使う

前述したように賃貸契約を締結すると、入居者に退去してもらうのが大変になります。

そこでお勧めなのが、定期借家契約です。

定期借家契約は普通の借家契約と違い、契約の更新がありませんので、契約期間が終了するとすぐに退去してもらうことができます。

将来、再び住むかもしれない場合や売却を検討する場合、定期借家契約を使うようにしましょう。

賃貸に出す場合の手続きは?

分譲用のマンションを賃貸に出す場合、まずはマンションの管理人に賃貸に出すことについて話しておきましょう。

区分所有法や民法では、マンションの専有部分(自分の部屋のこと)を賃貸に出すことは禁止されていません。しかし、何も話していない場合、面倒になる場合もありますので、話は一応通しておきましょう。

そして、賃貸に出すことが決まったら、不動産業者に入居者探しを依頼します。

これについてはマンション売却と同じく、一般媒介、専門媒介、そして専属専門媒介の中から選択してください。

不動産屋との媒介契約についてはこちらの記事で説明しています。

マンション売却には一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれがいい?正解は専任媒介!
マンション売却の際に不動産会社と結ぶことになる媒介契約の形態について、それぞれのメリットとデメリットを解説しました。どれを選ぶべきかを判断する参考にしてください。一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類の中でオススメは専任媒介です。

まとめ

マンションは新しいほど価値が高いですので、売却するなら1日でも早い方がお得です。

ただし転勤や海外赴任などで一時的に住まない場合などは、賃貸を検討しても良いでしょう。

海外転勤のケースはこちらでも検討しています。

海外転勤でマンションを貸すか売るか迷ったときの判断基準
海外勤務が決まったら、自宅マンションを売るか貸すか決めましょう。両者のメリットとデメリットを考えました。

その際はここで紹介した定期借家契約などにしておけば、あとで都合が変わった場合にも面倒がありません。

売却するのと賃貸に出すのとどちらが良いかは個々の事情によって変わってきますので、より有利な方を選択するようにしましょう。

売却か賃貸か迷っているなら、マンションナビのサービスがオススメです。売却と賃貸の査定を同時に受けられます。


『売却と賃貸』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!