マンション売却時の査定方法は2パターン

マンションを売却するときの査定方法は2パターンあります。

具体的には、客観的なデータだけで判断する机上査定(簡易査定)と、実際に不動産会社の人が来て査定する訪問査定の2つです。

実際にマンションを売るには必ず訪問査定を受けなければいけないので、机上査定の結果を見て訪問査定も依頼する流れになります。

一括査定を申し込む際にどちらの査定方法を選ぶか迷うことがあるので、両者の違いをよく知っておきましょう。

机上査定:客観的なデータだけで出す査定方法(簡易査定とも)

机上査定は、マンションの客観的なデータを使って金額を出す査定方法です。簡易査定と呼ばれることもあり、正確性は訪問査定にはかないません

客観的なデータとは、

  • マンション名
  • 部屋の位置
  • 広さ
  • 築年数
  • 構造
  • 間取り
  • 過去の売買データ

などを指します。

特に重視されるのが過去の売買データ

同じ建物内でこれまでに中古マンションとして売られた部屋があれば、その成約価格を基準に査定することが多いのです。

不動産会社はレインズという業者間のシステムを通じて、過去の売買記録をかんたんに調べられます。

過去に同じマンション内で売買記録があれば、それとあなたのマンションを比較して、広さや日当たりから査定結果を導き出せます

もし同じマンション内にない場合でも、同じ地域のマンションがあるので、そちらを比較対象に査定できます。

机上査定についてさらに詳しくはコチラにまとめています。

訪問査定:実際に不動産会社の人が来て調べる査定方法

訪問査定では、売りたい物件に直接不動産会社の営業マンが訪れて査定をします。机上査定と同様の方法で出した金額に、いまの状況を加味して査定を上下させ、売却可能な価格を導き出します。

現場に来ないとわからない点は多数あるので、正確な査定結果を得るには訪問査定が欠かせません。

営業マンによって着眼点が違うので、1社だけに依頼するよりは複数の会社に訪問査定をしてもらう方がいいでしょう。見落としが少なくなります。

訪問査定を受けるには時間を空けて対応しなければならないので、あまり気が進まないかもしれません。

しかし、査定だけでなく不動産会社の姿勢や売り出し戦略を知る貴重なタイミングです。なるべく机上査定よりは訪問査定をして不動産会社を比較してください。

訪問査定についてより詳しくはコチラにまとめています。

多くの会社の意見を知りたいなら机上査定を6社、訪問査定を3社くらいにするのがオススメ

机上査定と訪問査定を上手に使い分けるなら、まず一括査定の上限6社に机上査定をしてもらいましょう。

そのなかでフィーリングの合うところ3社にさらに訪問査定を依頼します。

この流れで進めれば、一定の正確性が得られ、気の合う担当者に出会える可能性も高くなります。

3社の訪問査定では、大手と地域密着型の不動産会社両方が含まれるようにしましょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない