マンション査定の上手な利用方法を解説中

マンションの査定を受けるなら、まず不動産一括査定サービスを選びましょう。

査定では売れそうな金額がわかるだけでなく、どこに依頼するかも決めることになるので、なるべく複数の内容を比較してください。

不動産一括査定サービスまとめ

有名どころの不動産一括査定サービスを表にまとめました。

掲載ルールは以下の通り。

【サービス名】 【特徴】
【トリセツ内に紹介記事がある場合は紹介しています。】

マンション売却を検討しているなら表内のサービスをどれか一つ選んで、首都圏の物件なら追加でソニー不動産も査定を取れば十分だと思います。

参加している不動産会社が被っていたり、対応する時間を取られたりするので、無闇にいくつもの一括査定サービスを併用するメリットはありません。

HOME4U NTT系列運営、老舗サービス
紹介記事→当サイトおすすめの一括査定サイトはHOME4U
SUUMO リクルートグループ運営、情報量が豊富
紹介記事→SUUMOの不動産一括査定は情報量の豊富さに注目!
スマイスター 地域の不動産屋に強い
紹介記事→スマイスターの不動産一括査定は不動産ジャンルに強い運営がグッド
RE-Guide不動産一括査定 元SBI、最大10社可能
紹介記事→RE-Guide不動産一括査定の特徴や評判を調べてみました
マンションナビ 売却だけでなく賃貸の査定も
すまいvalue 業界大手6社の運営、大手に依頼ならココ
イエウール 参加社数が多い

不動産一括査定サービスは大手や地域の不動産会社を比較できて便利

不動産一括査定サービスを使うと、一度の申し込みで複数の不動産会社から査定をまとめてもらえます。

大手や地域密着の会社の査定内容を比較して、どこに売却活動を任せるのか決められて便利です。

基本的にマンションの売却が得意な不動産屋しかサービスに参加していないので、「マンション売りたいけど、どこに頼んでいいかわからない・・・」という人には特にオススメです。

一括査定申し込み後の流れは以下の記事でまとめています。

また、一括査定サービスを利用するメリットとデメリットもコチラの記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

査定方法は大きく分けて2つ!机上査定と訪問査定

不動産の査定は、机上査定と訪問査定のどちらかを行います。

  • 机上査定:客観的なデータだけで査定する。基本訪問はしない。
  • 訪問査定:実際に担当者が来て、室内の様子なども考慮して査定する。こちらの方が正確。

一括査定では机上査定でまず申し込んで、その中で良さそうなところ3社くらいに訪問査定してもらうようにしましょう。単純に不動産会社の訪問が減って負担が少なくて済みます。

査定方法については以下のカテゴリーにまとめています。

また、査定を有利に進めるためのコツもコチラで解説しています。

査定の前に売却シミュレーションをしたいなら

業者に依頼する前にオンラインで簡単にシミュレーションしたいという方には、いくつかツールもあります。

しかし、結局妥当な売却可能額を知るには査定をしてもらう以外にありません。ツールの正確性もそれほど高くないので、信用しすぎないようにしましょう。

以下のページで詳しく紹介しています。

まとめ

マンションの査定を受けると、だいたい売れそうな金額がわかるだけでなく、売却を依頼する不動産会社を選ぶことにもつながります。

単純に高い査定金額を出してきたところを選ぶのではなく、売り出し手法や顧客サービスが充実した不動産会社を見つけたいところです。

そのためにも一括査定サービスを上手に利用して、いくつかの不動産会社の人と会ってみましょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない