マンション売却前の補修はコスパを考えて実施しよう

マンション売却をする際、大がかりなリフォームは必要ありません

しかし、細かな部分を補修するだけで買主の心象がかなりよくなります。結果的に値引き要求を受ける心配が減ります。

費用対効果を考えて適切な補修を行いましょう。

大がかりなリフォームではなく細かな補修を

マンション売却の前にリフォームではなく、補修をする方がいい理由には下記のようなものがあります。

買主はある程度の使用感は了承済み

中古マンションを探している買主にとっては、ある程度の使用感は承知の上で物件を探しているものです。

そのため、必ずしも新築同然にリフォームする必要はないといえるでしょう。

また買主が購入してからリフォームすることもありますから、その場合には大がかりなリフォームに意味がなくなってしまいます。

買主の信用を得られる

マンション売却の前にクロスの破れや床の汚れなどを細かく補修することで、買主の心象をよくすることができます。

売主が大切に住んでいたことがわかり、信用度が上がるからです。

丁寧な補修で売買契約につながりやすくなります。早く売りたい場合も高く売りたい場合も、自分でできる範囲の補修を行っておきましょう。

費用対効果を考える

マンションの補修を行うにしても、丁寧に行った結果、売却額がアップするかもしれませんが、高くなった分、買主がつきにくいという面もあります。

また補修にかかった費用に対して売却額があまりアップしなかった場合、補修した分、損をしてしまうケースもあるのです。

例えば、壁や床の汚れや傷などを補修しない場合と細かく補修した場合では、売却額の差は数十万円くらいになることも少なくありません。

その分補修をした方が高く売れることになりますが、一方で補修にかける金額は差額の数十万円を超えないようにしないと損をするわけです。

このように、費用対効果を考えて補修をする範囲や規模を決めることをおすすめします。

補修できるポイント

簡単な補修で印象アップを狙えるポイントをピックアップしました。別の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

まとめ

マンション売却前には、細かな補修を行った方が売買契約も成立しやすくなります。

しかし、費用対効果を考えなければ損をしてしまう可能性もあります。

コストパフォーマンス次第では、目につく部分だけの補修にとどめて費用を抑えるのがいいでしょう。

また合わせてきちんと掃除しておくことも忘れないようにしましょう。


『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!