リノベーションしてからマンション売却するのは基本的にNGです

住んでいるマンションを売却する際「思い切ってリノベーションした方がいいのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、基本的にはリノベーションをしないほうがいいとされています。売主としてのリスクが高すぎます。

それでもリノベーション向けにマンションを売りたいという場合は、施工プランを用意してみたり、買取業者に見積もりをもらったりするのがオススメです。

マンション売却前のリノベーションはしない方が無難

リノベーションとは、リフォームとは違い大規模な単位で新品同様にマンションの部屋を改修することを指します。

壁を取り除いたり、水回りを移動させたり、間取りに大幅な変更が入り、まったく別の物件のように変身します。

マンション売却を考えるとき、リノベーションをするのはどうかと思うかもしれませんが、基本的にはしない方が無難とされています。

その理由には以下のようなものがあります。

膨大な費用がかかる

大規模な改修をするリノベーションはリフォームをするよりも工事の手間がかかり、費用もかなり膨れ上がることになります。

その結果、売却額をアップすることも可能ではありますが、アップした額よりもリノベーションの費用の方が高くついてしまったら、結果的に損をしてしまうことになるのです。

買主の好みでない場合がある

売主がよかれと思い、業者と相談してリノベーションしたとしても、それが買主の好みに合わなければせっかくの苦労や費用が水の泡になってしまいます。

高額な費用を出してもなお買主がつかない状況は、売主にとってリスクでしかありません。

リノベーションのプランを買主に提案してみる

マンション売却前に、売主が自ら費用を出してリノベーションを行うのはおすすめしません。

しかし、リノベーションのプランを立て、買主に提案するという方法なら有効です。

中古物件を探している人のうち、リフォームやリノベーションをするつもりの人もいます。

そこで、古い物件でもリノベーションのプランや図面などがある状態なら、買主もリノベーションの具体的なイメージがしやすく、思い切って購入する気になってくれるかもしれません。

リノベーションプランを業者に立ててもらうのにも費用は発生しますが、あらかじめプランや図面がある状態で買主に提案すると話が進みやすいです。

マンション売却もスムーズに進む可能性が高くなると言えます。

リノベーション向きのマンションなら買取業者にあたってみる

古くても建物がしっかりしているマンションはリノベーションに向いています。また、すでに他の部屋でリノベーション実施済みなら、同じように工事しやすいはずです。

そういうマンションを売るときには、マンション買取を行っている業者にあたってみましょう。

買取業者はリノベーションを施して値上げして売るため、良い物件なら高く買ってくれます。

しかし、基本的には普通に買主を探して売る場合の70%程度の価格になってしまうというデメリットもあることは覚えておきましょう。

金額が折り合えばすぐに売却できるので急いでいる人にも買取業者はオススメです。

買取について詳しくはこちらで解説しています。

まとめ

古いマンションの場合、リノベーションを行う方が快適に住むことができますが、あくまでその判断は買主に任せるのが基本です。

また、リノベーションプランを用意している状態なら、思いのほか早く売れるかもしれません。

急いでいるならマンション買取業者にリノベーション向きというアピールをして買ってもらうことも検討してみましょう。


『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!