マンション売却前にリフォームをするべきか

マンション売却前にリフォームした方がいいのかも・・・と思っている方に向けて、リフォームのメリットとデメリットをまとめました。

結論から言うと、リフォームはしない方がいいです。

メリットデメリットとリフォームをしない方がいい理由、合わせて見ていきましょう。

マンション売却時のリフォームのメリット・デメリット

マンション売却でのリフォームのメリット・デメリットをまずまとめてみました。

メリット

  • 最新設備がある状態で売却できるため、売却価格が上がりやすい
  • 住んでいる間にできた、床や柱への傷が直せるので、購入希望者の印象がいい

デメリット

  • リフォーム費用がかかる
  • 中古物件を安く購入したい人のニーズに合わない
  • リフォーム期間中、物件を売ることができない
  • 次の買主がリフォームを検討している場合がある

このようにリフォームをするメリットとデメリットを整理すると、デメリットの方が多いのです。

特に自分好みにリフォームしたい人の場合、勝手なリフォームは完全なおせっかいとなってしまう可能性があります。

これらのことからリフォームはおすすめしていません。まずは現状のまま売り出してみましょう

もしリフォームする場合でも、かけた費用以上に売却価格を引き上げられないかもしれないことは覚えておいてください。

大規模なリフォームより、掃除やメンテナンスをきちんとしよう

マンション売却前、リフォームは必須ではありません。しかし、最低限の掃除やメンテナンスは行っておいた方がいいでしょう。

その理由は「売主が大事に住んでいた」という印象を買主に与えられるからです。

掃除やメンテナンスについては下記のポイントに気をつけましょう。

全体的に掃除を行き届かせる

リビングや水回りなど、購入希望者の目につきやすいところは普段からきれいに掃除しましょう。物件を大事にしていることを印象づけられます。

壁紙の汚れや破れを補修する

壁紙の汚れや破れがあるようなら、補修しておきましょう。ホームセンターに売っている壁紙リペア用のグッズを使えば簡単です。

網戸や障子、ふすまの破れも補修しておく

網戸や障子、またふすまなどは使用によって破れやすいものです。これを張り替えておけば買主の印象もかなり変わります。

まとめ

中古マンションを売却する際、リフォームには売却価格を上げる効果があります。しかし、いろいろなデメリットもあるため、リフォームを行うかどうかは慎重に判断しましょう。

費用を払った分だけ損してしまう可能性もあります。

リフォームよりも簡単な掃除や補修で対応できないか検討してみてください。


『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!