マンション売却で途中から値上げすることは可能か?

マンション売却で売り出し活動をはじめてから、途中で気が変わって値上げすることはできるのでしょうか?

売主としてはできるだけ高く売りたいので、人気がありすぎるようなら値上げしたくなる気持ちも分かります。

ここでは値上げができるのかどうかとそのリスクも合わせて見ていきましょう。

マンション売却価格の値上げには、不動産会社の承諾が必要

不動産会社に仲介を依頼するときには、媒介契約を結びます。その媒介契約書にいくらで売り出すかも記載します。

売り出し価格もそのタイミングで決まっています。売り出し価格の決め方はこちらの記事を参考にしてください。

その価格から値上げしたいという場合、契約書に記載された以下の2つのルールが関係します。

  • 価格の変更が値上げの場合、売主は不動産会社の承諾を得なければならない
  • 不動産会社は値上げを拒否するなら根拠を示さなければならない

つまり、いくら売主が希望しても不動産会社が値上げの許可を出さないと値上げできないのです。

その一方で、不動産会社は値上げを拒否するならその理由をきちんと提示しなければいけません。不動産会社側からすれば値上げしたら売りにくくなる可能性があるので、拒否できるなら拒否したいでしょう。

いずれにせよ値上げしたいなら不動産会社に相談が必要です。値上げしたいと思ったら、まず連絡してみましょう。

値上げのリスク

値上げした後のリスクもしっかり考えましょう。

値上げする前の値段で広告を出している場合、すでに欲しいと思っている人がいるかもしれません。そういう人が「いざ内覧に行こう!」ともう一度物件情報を見たら高くなっていたら、買う気がなくなってしまう可能性があります。

またマンション売却の相場はだいたい決まっているので、値上げしたあとの価格が妥当かどうかもよく考えて下さい。

本当に売却したいなら値上げするのはデメリットになることも多いのです。

すでに購入検討中の人がいる場合、値上げは難しい

すでに購入検討中の人がいれば、単純に値上げするのは難しくなります。値札を見て買う気でレジに持って行ったのに、それより高くなったら誰でもイヤですよね。

しかし、購入申込書に同意する前の段階までなら、法律上は値上げしても問題ありません。

購入申込の段階で、購入希望者は値下げ交渉をしてくるので、ここで強気に値上げ交渉をするのも不可能ではありません。

その結果、購入する意欲がなくなってしまう人が出てきても、値上げして売れるという自信があるならやってみるのは自由です。

まとめ

売り出し活動中に値上げするのは可能です。

しかし、今の価格で購入を検討している人がどこにいるか分からない状況で、安易に値上げすると、売れるタイミングを逃すかもしれません。

不動産会社の担当とよく相談して、本当に値上げして大丈夫か、売れるのが遅くなってもいいのか、きちんと考えてから決めましょう。


『売り出し活動』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!