有名不動産売買ポータルサイトへの掲載を確認しよう(SUUMO、ホームズ、athome、ヤフー不動産etc)

website

中古マンションの購入希望者の多くは、インターネットで売り出し物件の情報を探しています。

もし、大手の不動産売買ポータルサイトに掲載していないと、購入してくれる可能性のある人に情報を届けることができません。まずは存在を知ってもらうことが売却成功への第一歩です。

今回は、中古マンションの購入希望者がよくチェックしているサイトや、そこに登録する方法、掲載情報を変更する方法などを見てみましょう。

売り出し活動中にチェックするのはもちろんのこと、仲介業者選びの段階でどういうサイトに掲載予定か聞いておくのもおすすめです。

※この記事では業者だけが見られるレインズ不動産会社独自のホームページではなく、一般の人でもアクセスでき多くの情報が掲載されている不動産ポータルサイトについて書いています。

不動産売買ポータルサイトの隆盛

一昔前までは、不動産の販売は対面によるものがほとんどで、顧客をたくさんもっている仲介業者を選ぶことが、そのままマンション売却の成功に直結していました。

しかし、ネット技術の進歩により、誰でも不動産ポータルサイトを通じて中古マンションの売り出し情報にアクセスできるようになり、サイト経由でのマンション売却が可能となったのです。

もちろん顧客が多い仲介業者を選ぶのは大事ですが、今はそれ以上にポータルサイトを使った販売戦略を練ることができる仲介業者を選ぶ方が大事かもしれません。

押さえておきたい不動産売買ポータルサイト

以下のポータルサイトは押さえておきたいところです。不動産会社選びの段階では、これらへの掲載予定はどうかを確認しておきましょう。

これらが今メジャーな不動産売買ポータルサイトであり、中古マンションの掲載数も群を抜いています。

マンション購入希望者の多くが閲覧しています。

自分が購入希望者になったつもりでチェックしてみましょう。

不動産売買ポータルサイトへの掲載方法

上記のポータルサイトには、宅建免許のない方が登録することはできません。一般の人が自分の売却予定のマンションを直接登録しようとしてもできないわけです。

そこで、宅建免許を持っている仲介業者経由で掲載することになります。もし、売り出し活動が始まって、掲載されていなければ載せてもらえるよう仲介業者に依頼することも可能です。

掲載することによってマンションが早く売れる可能性が高くなりますので、できる限り掲載してもらうようにしましょう。

ただし、売主から仲介業者に掲載するよう依頼すると、実費を仲介業者から請求されることがありますから、その点は注意しましょう。

広告費負担についてはこちらの記事で解説しています。

折り込みチラシやポスティングの広告費は不動産会社負担が一般的
折り込みチラシやポスティングなどの広告費は不動産会社が負担するのが基本です。

不動産売買ポータルサイトで確認してみる

専属専任媒介契約や専任媒介契約を結んだ場合、販売状況について定期的な報告義務があります。その中に上記のような不動産売買ポータルサイトに掲載した旨も報告があるはずです。
(※一般媒介契約の場合、報告義務はありません)

報告があったら自分でも確認してみましょう

どのサイトでも住所や最寄り駅で検索すれば、中古マンション情報を確認できます。

この時大事なのは、情報の誤りが無いかということと、複数のサイトに登録されているかライバル物件と比較してどうかです。

登録されているサイトが多ければ多いほど、買主の目に留まる可能性が高くなるので、できるだけ多くのサイトに登録されるのが好ましいのです。

良い仲介業者なら当然そのことをわかっていますので、複数のサイトに登録されていることでしょう。

また、近隣のライバル物件と比べてあまりに見劣りするようなら、販売戦略を練り直した方がいいかもしれません。

単純に値下げをするだけでなく、

  • 魅力的な写真に差し替える
  • 設備状況などの説明文を書き直す
  • ライバル物件が売れてしまうまで待つ

など不動産会社の担当者と相談して対策を決めていきましょう。

情報に誤りがあったら?

前述したように不動産売買ポータルサイトへの登録は宅建免許が無いとできませんので、情報の修正も仲介業者経由で行うことになります。

誤った情報が記載されたままだとどんな不利益を被るかわかりませんので、速やかに修正を依頼しましょう。

情報変更や追加も同様に仲介業者に依頼しましょう。

まとめ

不動産売買ポータルサイトを経由しての中古マンション売買はどんどん増えています。

販売する方法は多い方が良いので、仲介業者には不動産売買ポータルサイトに登録するかどうかを確認しましょう。

そして、自分でも掲載状況をチェックすることを怠らないようにしましょう。

不動産業者だけが閲覧できる物件情報を共有する仕組みのレインズについてもこちらの記事で説明しています。

売り出し開始後はレインズへの掲載状況を確認しよう
レインズへの登録はマンション売却活動の中でとても大事なことです。レインズの制度や役割を説明しています。

また、依頼した不動産会社の独自のホームページへの掲載についてはこちらの記事で解説しています。

依頼した不動産屋のホームページに売り出し中のマンションを効果的に載せてもらおう
不動産会社の独自運営するホームページの集客効果や、そこにマンションを掲載した場合のチェックポイントについて解説しています。

『広告』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!