一般媒介で同時に複数の不動産業者に依頼するメリットとデメリット

photo credit: We're Open via photopin (license)

photo credit: We’re Open via photopin (license)

マンションの訪問査定が終わったら、次は仲介業者と売却仲介の契約をします。

仲介業者との契約には一般媒介契約、専属専任媒介契約、そして専任媒介契約の3種類がありますが、今回はこのうち一般媒介契約のメリットとデメリットについて見てみましょう。

一般媒介契約とは?

一般媒介契約とは、仲介業者を1社に限定せず、複数の仲介業者と契約を結べるものを言います。

仲介する業者数に上限がありませんので、いろいろな業者と契約を結ぶことが可能です。

また業者任せにせず、自分で売却先を探すことも一般媒介契約ならば可能となりますので、並行して自分で売却先を見つけるつもりなら、一般媒介契約を選択しましょう。

(※専任媒介でも自分で売却先を見つけることは可能です。)

一般媒介契約のメリットとは?

一般媒介契約だと多くの業者と契約を結べるので、それだけ売却先を探す窓口が増えることになります。

どこの業者も売却先を見つけて成功報酬を得なければいけませんので、一生懸命売却先を探してくれる可能性があります。

また、一般媒介契約の場合、契約を解約しても違約金等は発生しません(事前に契約で違約金の項目を設けている場合は除く)。

そのため一般媒介契約を止めて、専属媒介や専任媒介に切り替えることも可能です。

このようにフレキシブルにできるところもメリットと言えるでしょう。

一般媒介契約のデメリットとは?

多くの業者と契約を結べるということは、業者側からすると他の業者に美味しいところを持っていかれる恐れがあるということになります。

大々的に宣伝して他の業者に成功報酬を持っていかれたら、商売になりません。

そのため、業者によっては、専任媒介契約に比べて宣伝などを積極的に行わない場合があります。

そうなると売却先が見つかるまでの時間が長くなる可能性も出てきますし、時間が長くなれば他の物件情報の中に埋没してしまう恐れも。売れ残りと見られると売れるものも売れません。

もちろんそんな業者ばかりではありませんが、可能性があるということは覚えておきましょう。

また多くの業者が同じマンションの情報を公開しますから、マンションを探している買主が複数の業者の情報で目をする機会が多くなるはずです。

しかし、いろいろな業者で同じマンションの情報を目にするとマイナス視点になる場合が多く、「こんなに多くの業者が扱っているということは、早く売らなければいけない事情があるのではないか」と勘ぐる人が一定程度出てきます。

以上のようなデメリットがありますので、一般媒介を選ぶ場合はご注意を。

業者が一般媒介契約を勧めて来ることはあるの?

業者から見ると一般媒介契約は利益を得られない可能性がある契約ですので、業者側から勧めてくることはまずありません。

それでも一般媒介契約を勧めてくる場合は、

  • 自分のところでは買主を見つけてくる自信が無い
  • 旨味が少ないため専属や専任になりたくない
  • 今忙しいので報告義務がない一般媒介でしか引き受けられない

など、業者側の事情が考えられます。

自分から一般媒介契約を勧めてくる業者は、何か裏があると考えた方が良いでしょう。

もちろん、売主側のことを思って一般媒介契約を勧めて来る業者もいるかもしれませんが、そんな業者はほとんどいないでしょう。

まとめ

一般媒介契約にはメリットとデメリットがそれぞれあります。

慎重に吟味した上で、一般媒介契約を結ぶかどうか判断してください。

また、築浅のマンションや立地の良いタワーマンションなど、人気の出そうなマンションを売却する場合に、不動産業者同士を競争させるために一般媒介を利用することもあるようです。売却するマンションの条件を考慮して、検討してみましょう。

3種類の媒介契約を比較した記事はこちらです。参考にしてみてください。

一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれがいい?
マンション売却の際に不動産会社と結ぶことになる媒介契約の形態について、それぞれのメリットとデメリットを解説しました。どれを選ぶべきかを判断する参考にしてください。

『媒介契約』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!