手元にまとまったお金がなくてもマンション売却はできる?費用は?

nomoney

マンションの売却が決まっても、売買代金の決済が終わるまでは、まとまったお金は入ってきません

しかし、その一方でマンションを売却するためには、決済完了までの間にもそれなりのお金が必要になってきます。

今回は、マンションを売却するまでにいくらくらいのお金が必要になるか、について、

  • マンション売却後賃貸に引っ越す場合
  • 新居を購入して引っ越す場合

に分けて考えてみましょう。

なおマンションが2000万円で売却できると仮定して、いくらお金が必要かを計算しています。

売却の決断~マンションの売買契約の締結までに必要な費用

この段階では賃貸に引っ越す場合と、新居を購入して引っ越す場合ともに、必要なお金の額は同じです。

まず、査定は無料で業者が行ってくれますし、媒介契約を締結する段階では仲介手数料なども発生しません。

また、内覧でもお金が必要になることは無いでしょう。

お金が必要になるのは、購入希望者が現れて売買契約を締結する時からです。

売買契約書には印紙を貼らなければいけませんので、印紙代(印紙税)が必要です。今回は2000万円で売却できたと仮定していますので、印紙代は1万円となります。

印紙代についてはこちら。

マンション売却で必要な収入印紙代はいくら?
売買契約書に貼る収入印紙について調べました。売却金額によって印紙の額が変わるので要注意です。

地方によっては、この段階で仲介手数料の半額を払う必要があるかもしれません。

仲介手数料は売却代金の3%+6万円+消費税で概算できますので、仲介業者に確認して、売買契約締結の段階で払う必要があるのなら、半額を用意しておきましょう。

2000万円で売却できた場合、仲介手数料は約70万円となりますので、その半額35万円が必要となります。

売買契約の際には買主から手付金を受け取ります。およそ売買金額の5%から10%程度です。今回のケースで言えば、100万円から200万円程度になります。

手付金は何かあれば返却しなければいけないお金なので、ここから先でも手付金は使わない前提で考えていきます。

手付金について詳しくはこちら。

売買契約の手付金と手付解除について知っておこう
売買契約時には手付金の授受が行われます。手付解除の仕組みなども知っておきましょう。

引っ越し~決済引き渡しまで

賃貸に引っ越す場合

まずは売却後に賃貸に引っ越す場合に必要な金額を考えてみましょう。

決済日までにマンションを引き払って、賃貸物件に引っ越しますから、その引っ越し費用が必要となります。

東京都内3人家族の場合、引っ越しで最低8万円ぐらいは見ておきましょう。

次に賃貸物件の場合は、敷金が原則必要ですし、地域によっては礼金も必要となります。

都内3LDKならば家賃の相場は13万円くらい。

都内は敷金2か月、礼金1ヶ月の物件が多いですから、敷金が26万円、礼金が13万円必要になる計算です。さらに初月分の家賃も必要です。

合計すると賃貸物件に引っ越す場合の費用は最低でも約60万円程度は用意しておく必要があるでしょう。

なお、一旦賃貸に引っ越して、その後新居を購入して引っ越す場合は、さらにその資金が必要になりますので、前もって資金繰りをしておかないと厳しいでしょう。

新居を購入して引っ越す場合

最初に必要になるのは新居の購入費用です。もちろん一括で支払う方はほとんどいないと思いますから、住宅ローンを借りる必要があります。

この時、手数料保証料が別途必要となりますから用意しておいてください。

それに加えて各種保険にも加入しなければならず、住宅ローンの関係の費用と保険料を一括で支払う場合は、150万円程度用意しておいてください。さらに手付金がいる場合もあります。

また、新居の移転登記手続き抵当権の設定登記手続きにもお金が必要ですし、それを依頼する司法書士への報酬も必要です。この登記関係費は、司法書士への報酬も合わせて20万円程度は見ておきましょう。

これにプラスして引っ越し費用がかかりますから、結構な費用になります。

まとめ

決済後には、マンションの抵当権を抹消する費用に3万円(司法書士への報酬を含む)、マンションの売買代金を決済する時に仲介手数料の残り(35万円)が必要になりますが、これらの費用には決済で入ってきた売却代金を充てられます

しかし、ご覧の通り、決済までの間でもある程度のお金が必要となります。

引っ越し代金など最低限の資金を確保してから、マンションの売却をはじめるようにしましょう。無一文ではやはり厳しいです。

もし手元にお金がなければ、つなぎ融資と言って、売却代金が入ってくるまでの短期で借りられるローンもありますので、不動産業者に相談してみましょう。

お金が苦しくしてマンションを売却したいなら任意売却という手段もあります。

任意売却というマンションの売り方を知っておこう
任意売却でマンションを売る方法を解説しています。

  マンション売却には、HOME4Uで一括査定を利用するのがお勧めです。

理由1.街の不動産屋だと何百万円も損する!?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

マンションは一生に何度もない高額なもの。ちょっとしたことが大きな損につながります。値下げや宣伝の方法がマズイと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

理由2.HOME4U参加の不動産屋は売却に強い!

HOME4Uにはマンションを売却したい人が集まります。

サービス申し込み後、査定金額や内容をもらって業者を比べます。

つまり、参加業者からすれば、他の不動産屋と提案で勝負して、売却したい人からの依頼を勝ち取らなくてはいけないのです。

だからこそ、売却が得意な会社だけが集まっています。

早く売りたい!」「高く売りたい!」と考えるなら、売却が得意な会社に任せるのが一番です。

理由3.一括査定で相場を知っておくのが売却成功のコツ!

マンションの価格が適正かどうかはカンタンには分かりません。売却が終わってから「もっと高く売れたかも……!?」と後悔する人も多いんです。

一括査定を利用すると、最大6社の査定価格が出て、自分のマンションがいくらで売れるか相場が分かります

あとで後悔しないためにも、マンション売却のスタートは一括査定がオススメです。

HOME4Uマンション一括査定のサービス内容を見る

  東京・神奈川・埼玉・千葉の方はソニー不動産にも査定してもらおう!

ソニー不動産は一括査定では選べない。

ソニーが始めた不動産会社として有名なソニー不動産。独自のメリットがあるので、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のマンションを売却するなら一度査定してほしい会社です!

しかし、HOME4Uの一括査定には参加していないので、個別に申し込みが必要です。

売りたい人のためだけに働いてくれる売却エージェントサービスがスゴい!

ソニー不動産独自のメリットが売却エージェントサービスです。

一般的なマンション売買では、売主と買主をそれぞれ別の不動産会社が担当します。しかし、同じ不動産会社が両方の担当をするケースがあります。

売主と買主から仲介手数料を受け取れるため、できれば他社からは買ってほしくないとまで考えます。

売り手の立場で見ると、値下がり売却期間の長期化につながるので、避けたい状況です。

ソニー不動産の売却エージェントサービスは、このような両方の代理を禁止されていて、売りたい人のためだけに働いてくれます。詳しくは下記のソニー不動産のページで図解されています。分かりやすい動画もあるので一度チェックしてみてください。

ソニー不動産のサービス内容を見る


『ワケあり売主』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!