西日本レインズ(西日本不動産流通機構)について調べました

西日本レインズについて、この記事にまとめています。中国地方・四国地方・九州地方・沖縄県をカバーしています。

レインズの仕組みや働きについてはこちらの記事も参考にしてください。

西日本レインズとは

西日本レインズとは、公益社団法人西日本不動産流通機構の通称です。また、不動産流通標準情報システムのREINS(Real Estate Information Network Systemの頭文字)の西日本版を指すこともあります。

西日本不動産流通機構は、西日本地域の中国・四国・九州・沖縄の17県を対象としています。

西日本レインズのホームページはこちら。 http://www.nishinihon-reins.or.jp/

ホームページでは県別の毎月の成約状況や平米あたりの単価のレポートが公開されています。しかし、中古売買の件数自体が少ない県もあり、データとして参考にするのは難しいかもしれません。

西日本レインズの管轄エリア

西日本レインズは中国・四国・九州・沖縄の17の県の不動産を対象としています。

  • 中国
    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国
    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州
    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
  • 沖縄県

他の地域のレインズ

西日本レインズの他に、

があります。上のリンクは当サイト内のそれぞれの紹介記事に移動します。

まとめ

西日本レインズの対象地域には、中古マンションの取引があまり盛んではない地方が多く含まれています。

福岡市や広島市など政令指定都市は比較的マンション売却もしやすいのですが、いわゆる田舎と呼ばれるような地域のマンションは売却にもかなり時間かかるでしょう。

それでも売れていないわけではないので、適切な価格で購入希望者に情報が届くよう広告活動を行っていくのが最善です。

西日本レインズにも導入された取引情報(ステータス)管理についてはこちらの記事も参考にしてください。


『広告』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!