マンションマーケットの特徴を調べてみました

マンションマーケットキャプチャー

マンションマーケットのスマート売却というマンション売却に特化したサービスを紹介します。

自動算出した相場価格が特徴で、不動産テックとしてメディアに掲載されることも多いサービスです。

マンションマーケットの特徴・利点

マンションマーケットは、2015年8月17日に開始したマンション売却サービスです。

株式会社マンションマーケットが提供しています。

株式会社マンションマーケットは宅建業者として、不動産仲介業務ができる会社です。マンションマーケットのサービスを通じて仲介依頼を獲得することで利益をあげていくビジネスモデルです。

サイト運営だけのネットベンチャーとは少し違うので、その点は注意しましょう。

まずは、独自の特徴やサービス利用のメリットを見ていきましょう。

会員登録なしで相場が分かる

マンションマーケットでは、会員登録すると簡易査定が見られます。部屋の「専有面積」「階数」「方位(角部屋)」の3点を入力すると、結果がすぐに表示されます。

この仕組みは、マンションマーケット独自算出で提供されています。

過去の取引事例や近隣の取引事例を元に計算しているそうです。

中古マンション情報サイトで売り出されている物件情報を入力して簡易査定してみたところ、少し安めの査定結果が表示されるようです。

高めの査定を出す傾向の強い中古マンション業界ではめずらしいくらい、辛めの査定になっています。

入力情報の少なさからも分かりますが、正確さを求めるのは難しいので参考情報として実際の価格はきちんと査定をしてもらいましょう。

マップで気になるエリアを簡単にチェック

自動算出された価格を地図上に表示しています。

そこから個別の物件ページにも移動できます。

自宅周辺のマンションをまとめてチェックするときに便利な機能です。

会員登録すると過去の売り出し価格が見られる

無料会員登録すると、過去数年間(※2009年までは確認できました)のマンションごとの売り出し価格が見られます。

「売出価格」はHOME’Sなどの中古マンション情報サイトやポスティングチラシに掲載されている価格で、実際に売れた「成約価格」よりは高めです。

そもそも中古マンションの成約価格はレインズを利用しないと見られないので、一般消費者はなかなか知ることができません。

「売出価格」がどう推移してきたのか知っておくと、自分のマンションの価値が下がりにくいかどうかの判断などに役立ちます。

お気に入り登録しておけば資産価値レポートが毎月届きます

資産価値レポートの中身は未確認のため内容は分かりませんが、価格推移や売出事例をまとめたものを毎月受け取れるようです。

自宅マンションを登録しておくと、売りが出たら確認できるので便利でしょう。

仲介手数料が定額49万8千円

簡易査定を行うと、仲介手数料の概算表示も出ます。マンションマーケットで売却を行った際の定額の仲介手数料が安いことをアピールする内容です。

「この価格で売れたら、一般的な不動産会社なら○万円ですが、マンションマーケットなら定額49.8万円なので、○万円お得」という感じのものです。

一般的に仲介手数料の上限は、「売却代金の3%+6万円」ですし、ほとんど不動産会社がこの上限で業務を行っています。

ボーダーラインとなるのが「1460万円」で、これ以上の価格で売却が決まれば定額49.8万円の方が安くなります。

※これらの価格に消費税は含まれていません。

ケーススタディー

3000万円で売却が成立した場合

  • 一般的な不動産会社の仲介手数料(上限で計算):3000万円 × 3% + 6万円 = 96万円
  • マンションマーケットの場合:49.8万円
  • 差額:マンションマーケットを利用した方が仲介手数料が46万2千円安くなる

スマートフォンやパソコンを使った情報のやりとり

マンションマーケットで売却を行うと、不必要な電話連絡はなくスマートフォンやパソコンを利用した連絡が中心になります。

2週間に1度の売却活動報告もオンラインで受けられます。

利用方法

サービス内容は先進的ですが、実際の売却方法は、これまでの不動産会社とそれほど変わりません

ここではおおまかに見ておきましょう。サービスサイト内には細かく説明されています。

  1. (オンライン査定)
  2. 訪問査定
  3. 販売価格の決定
  4. 専任媒介契約の締結
  5. 売却活動開始(レインズや中古マンションポータルサイトへの掲載)
  6. 内覧
  7. 購入申込を受け取る
  8. 価格交渉
  9. 売却承諾
  10. 売買契約の締結
  11. 決済、引き渡し

マンションマーケットを利用する上での注意点

簡易査定を信じすぎてはいけない

先にも書きましたが、簡易査定は、本当に簡易なものです。

専有面積と階数と部屋の向きだけで算出するには限界があります。間取りさえ考慮されていません。リフォームや設備についても同様です。

オンライン査定もネットで完結するので、より正確に知りたいならそちらを利用してみましょう(マンションマーケットでは簡易査定・オンライン査定が申し込めます)。一般的には机上査定と言われるものです。

机上査定と訪問査定の方法の違いとそれぞれのメリット・デメリット
マンション査定の机上査定と訪問査定の違いやそれぞれのメリット・デメリットを説明しています。

現在は東京都内のみ

首都圏で1都3県でのサービスも多いのですが、マンションマーケットは東京都内のみです。

定額49万8,000円は消費税別の価格

消費税率8%の現在、53万7840円が税込みでの仲介手数料となります。

まとめ

最後にもう一度マンションマーケットの大きな特徴をまとめておくと、

  • 相場価格過去の売り出し価格が見られる点
  • 定額49万8,000円(税別)の仲介手数料
  • オンラインでの連絡

の4点です。

現状、売却を手伝ってくれるコンサルタントは、大手での経験がある方が中心のようなので、サポート体制は良いのではないかと想像できます。

気になる方は、マンションマーケットのサービスサイトから申し込みを検討してみましょう。

P.S.買取査定の比較ができるサービスも始まっています。→スマート買取

  マンション売却には、HOME4Uで一括査定を利用するのがお勧めです。

理由1.街の不動産屋だと何百万円も損する!?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

マンションは一生に何度もない高額なもの。ちょっとしたことが大きな損につながります。値下げや宣伝の方法がマズイと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

理由2.HOME4U参加の不動産屋は売却に強い!

HOME4Uにはマンションを売却したい人が集まります。

サービス申し込み後、査定金額や内容をもらって業者を比べます。

つまり、参加業者からすれば、他の不動産屋と提案で勝負して、売却したい人からの依頼を勝ち取らなくてはいけないのです。

だからこそ、売却が得意な会社だけが集まっています。

早く売りたい!」「高く売りたい!」と考えるなら、売却が得意な会社に任せるのが一番です。

理由3.一括査定で相場を知っておくのが売却成功のコツ!

マンションの価格が適正かどうかはカンタンには分かりません。売却が終わってから「もっと高く売れたかも……!?」と後悔する人も多いんです。

一括査定を利用すると、最大6社の査定価格が出て、自分のマンションがいくらで売れるか相場が分かります

あとで後悔しないためにも、マンション売却のスタートは一括査定がオススメです。

HOME4Uマンション一括査定のサービス内容を見る

  東京・神奈川・埼玉・千葉の方はソニー不動産にも査定してもらおう!

ソニー不動産は一括査定では選べない。

ソニーが始めた不動産会社として有名なソニー不動産。独自のメリットがあるので、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のマンションを売却するなら一度査定してほしい会社です!

しかし、HOME4Uの一括査定には参加していないので、個別に申し込みが必要です。

売りたい人のためだけに働いてくれる売却エージェントサービスがスゴい!

ソニー不動産独自のメリットが売却エージェントサービスです。

一般的なマンション売買では、売主と買主をそれぞれ別の不動産会社が担当します。しかし、同じ不動産会社が両方の担当をするケースがあります。

売主と買主から仲介手数料を受け取れるため、できれば他社からは買ってほしくないとまで考えます。

売り手の立場で見ると、値下がり売却期間の長期化につながるので、避けたい状況です。

ソニー不動産の売却エージェントサービスは、このような両方の代理を禁止されていて、売りたい人のためだけに働いてくれます。詳しくは下記のソニー不動産のページで図解されています。分かりやすい動画もあるので一度チェックしてみてください。

ソニー不動産のサービス内容を見る


『マンション売却専門サービス』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!