マイソクの良し悪しで売却成功が決まる?!

マイソク イメージ

マイソク イメージ

マンション売却では、不動産業者が「マイソク」という1枚の紙を作成します。

賃貸マンションを探すときに、不動産屋の店頭で物件情報を紙でたくさんもらったことがありませんか? あれは賃貸マンションのマイソクです。

中古マンションのマイソクも購入検討中の人にたくさん渡されています。

売り出し活動でマイソクはとても大事なものなのです。

この記事では、マンション売却におけるマイソクの役割良くするポイントを見ていきましょう。

マイソクとは?

1枚ものの不動産広告のことをマイソクと言います。不動産業界の業界用語の一種で、不動産広告や物件図面、募集図面などと言った方が分かりやすいかもしれません。

昔は不動産会社間のやりとりがFAX中心だったので白黒や青の単色刷が多かったのですが、最近はカラーで写真を載せることもできます

中古マンションのマイソクなら基本項目として、

  • マンション名
  • 価格
  • 間取り・間取り図
  • 専有面積
  • 住所
  • 築年数
  • 何階建ての何階部分
  • 駅徒歩○分
  • 用途地域
  • 構造(鉄筋コンクリート造、軽量鉄骨造など)
  • 管理費
  • 修繕積立金
  • 不動産会社情報
  • 取引形態・媒介携帯(仲介or専任媒介or一般媒介など)

などが掲載されています。

不動産会社の担当者からすれば、ルーチン作業で作成するものなので、「工夫して魅力的なマイソクを!」とは思われていないでしょう。多くの不動産会社では専用のソフトを使って作っています。

逆に考えれば、ライバル物件の多くも似たようなマイソクしか作ってこないため、ここにチャンスがあります。

あなたのマンションのマイソクを良いものにすれば、購入希望者の目にとまる可能性が上がるのです。

内覧を増やすためにもマイソクにはこだわりましょう

マイソクの実例を知りたい

マイソクがどんなものか知りたいなら、Googleの画像検索がおすすめです。

「マイソク 中古マンション」で検索してみましょう。白黒のそっけないものから、写真を入れた上質なものまでいろいろなマイソクが見られます。

中古マンションを探している人の気持ちになって、どんなマイソクなら内覧してみたいと思えるか考えてみましょう。

マイソクはどんな風に使われる?

マイソクはマンション売却の現場で、あなたが想像する以上にたくさんの人に見られています。

  • 不動産屋に中古マンションを探しに来た人に渡す
  • 自社の顧客に見せる
  • 提携する他の不動産会社に渡す
  • レインズに掲載する
  • ポスティングや新聞折り込み
  • ネット上に掲載する

このようにいろいろな場面で利用されるため、マイソクは手を抜いてはいけないのです。

マイソクの目的は、店頭で中古マンションを探す人に見せて検討してもらうことがメインですが、他の不動産業者に見てもらうためという側面もあります。

不動産業者がマイソクを見て「これ、良さそうなマンションだな!」と考えれば、自社の顧客に積極的に紹介します。

業者にも魅力が伝わるマイソクができれば、中古マンションを探す人に情報が行き渡りやすくなり、希望どおりの売却に近づくでしょう。

マイソクを良くするために抑えておきたいポイント

売り出し開始前にマイソクをチェックさせてもらう

何はともあれ、どんなマイソクで売り出し活動を行うのかを知っておかなければ話になりません。

第一印象が大事なので、途中で変更するよりは、最初から本気のマイソクで売り出したいものです。

もし、業者がマイソクを見せるのを嫌がるようなら、問題アリです。レベルの低いマイソクだから見せたくないのかもしれません。

できれば、媒介契約を結ぶ前に、

「不動産広告のマイソクというのを、売り出し前に見せてもらえますか? 載せてほしいこととかお願いできたらと思っているので」

と聞いてみましょう。

対応の悪い不動産業者なら変更することも検討してみてください。

不動産業者の変更を考える人へ(メリット・違約金・解約方法)
仲介依頼した不動産業者を変更することのメリットや変更できるタイミング、解約方法などを解説しています。

マイソクはカラーで作ってあるか

不動産広告と言えば白黒や青一色刷りのイメージかもしれませんが、マイソクはカラーで作ることができます

カラーで写真も掲載した方が有利なのは間違いありません。

レインズに画像として登録するマイソクは、どこの不動産会社でもダウンロードできます。それを印刷して自社の顧客に渡すわけです。

画像ファイルなのでカラーでも何の問題もありません。

他のマンションが白黒のところ、カラーのチラシがあれば注目されやすいでしょう。

物件のアピールポイントがきちんと説明されているか

マンションの良いところは不動産会社の担当より、自分の方がよく分かっているはずです。

「ここが良いのにマイソクに載っていない、アピールが弱い」と思ったら、修正してもらいましょう。

間取り図だけでなく写真は掲載されているか

写真があるかないかでマイソクの印象は大きく変わります。

最低限マンション全体の外観、さらに室内設備の写真もあるとより良いでしょう。

写真は多い方がいいのは間違いありません。見る人も購入後の生活がイメージしやすくなります。

まとめ

不動産会社の人からすればマイソクの修正は面倒な作業ですが、それをこころよく引き受けてくれるかどうかで、担当の人柄が分かるでしょう。

もし嫌がられても、一生に何度もない不動産売却で後悔しないために、要求は押し通しましょう。

高く売るためには、多くの人に中古マンションの情報を届けて、内覧してもらうことが重要です。そのための橋渡しをするのがマイソクです。

気を抜かずに良いマイソクを目指しましょう。


『広告』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!