マンション売却の諸経費は、取得費と譲渡費用の2種類

マンション売却で譲渡利益が出れば税金を払わなければいけません。また、譲渡損失が出た場合では、他の所得と損益通算ができます。

黒字を減らすor赤字を増やすために利用できるのが経費であり、マンション売却に関しては取得費譲渡費用が経費の中でかなりのウェイトを占めます。

マンション売却における諸経費の2つ、取得費と譲渡費用について見てみましょう。

譲渡所得の計算方法

マンションを売った値段から買った値段を引いて、残る金額が利益であり、これを譲渡所得と言います。

譲渡所得の計算式は次のようになります。

マンションを売った金額 -(取得費+譲渡費用)- 特別控除

取得費と譲渡費用が多ければ、譲渡所得を減らして税金を安くできるのです。

取得費とは?

取得費とは、マンションを購入する時に使った費用のことです。

マンションの購入代金以外にも、仲介手数料、印紙代、登録免許税、不動産取得税、リフォームをしているのならリフォーム代、そして住宅ローンを利用した時に取られたローンの保証料なども取得費として認められる場合があります。

取得費については、下記のページで詳しく解説しています。取得費が分からないような古い物件・相続した物件についても参考にしてください。

譲渡費用とは?

譲渡費用は、今回マンションを売却するのに使った経費のことです。仲介手数料、印紙代、登記費用などがこれに該当します。

こちらの手数料についてのページも参考にしてください。

なお、引っ越し費用などは譲渡費用として認められませんのでご注意ください。

まとめ

諸経費を計算してみると、実はかなりかかっていることが分かるはずです。

マンション売却には3000万円の特別控除などもあり、利益が出て税金を取られるということはあまりありませんが、譲渡損失が出れば、他の収入と通算して所得税や住民税を安くできる可能性があります。

税金が安くなるのですから経費として認められるものは、残らず探して計上しましょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない