マンション売却に関する税金の特例や減税を知っておこう

自分が住んでいたマンションを売却する場合、さまざまな税金の特例があります。減税につながる特例が多いので、使えるものは忘れず適用したいところです。

制度によっては適用条件が厳しかったり、他の特例と併用できなかったりします。

どれを使うのが一番得なのか、慎重に判断しましょう。

これでほぼ所得はゼロになる、3000万円の特別控除

マンション売却後で黒字になりそうと思っても、3000万円の特別控除が使えれば所得はゼロにできる可能性が高いでしょう。

適用条件も厳しくないので、ほとんどの人が受けられるはずです。

下記のページに詳しくまとめましたので、一度チェックしておきましょう。

売却での赤字を所得と通算できる、譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例

マンション売却では赤字が出るのが普通です。

その赤字を他の所得と合わせて、税金の還付を受けられる特例があります。

買い替えをするときとしないときで2種類に分かれています。

最大4年間、所得税を安くできる可能性があるので、赤字のときには使いましょう。

下記のページで解説しています。

10年以上所有していた場合に税率が低くなる、10年超所有軽減税率の特例

マンションは所有期間によって税率が変わりますが、この特例では10年を経過するとさらに税率が低くなります。

10年住んだマンションの売却で黒字になるかは微妙なところですが、適用条件を知っておきましょう。

買い替えの際に税金を繰り延べできる、買換え特例

買い替えに伴う売却なら、買換え特例が利用できます。

売却だけでなく、新居の購入も合わせて税金を考えられる特例で、利益が出ていても税金の繰り延べができます。

売った金額と新居購入の金額によって、計算方法が変わります

買い替えを検討している人は下記のページをチェックしておいてください。

まとめ

税金の特例は使わないと損です。

どういう制度があるのかきちんと押さえておきましょう。

また新たに始まるものや期限切れになってしまうものもあるので注意してください。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない