マンション売却時の名義問題

マンション売却では不動産の名義が問題となるケースがあります。

名義関連の話をまとめました。

共有名義のマンション売却の進め方

夫婦でお金を出し合って購入したマンションや、相続で取得したマンションを共有名義にすることがあります。

共有名義のマンションを売却する場合、手続きが少し面倒になるので要注意です。

全員分の署名や同意を取っていくか、委任状を使うかの2択になります。

委任状を使う方が手続きとしては楽ですが、あとでもめないために小まめに情報共有をしていった方がいいでしょう。

共有名義の売却について詳しくは以下のページで解説しています。

売却後の名義変更は司法書士に依頼する

マンション売却後は名義変更して、買主の名前にしなければいけません。所有権移転登記という手続きになります。

自分で名義変更することもできなくはありませんが、所有権移転登記の費用は買主が負担するのが一般的なので、無理に頑張る必要はありません。

下記のページで所有権移転登記について説明しています。

まとめ

不動産の所有権は名義でしっかりと定まっています。

共有名義なら全員が売るという気持ちでないと、勝手に名義人の一人が売ることはできません

また、売却後はすみやかに買主に名義変更しましょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない