マンション売却の必要書類を調べました

マンション売却にはたくさんの書類が必要です。

売却をするにあたって、どんな書類を用意しなければいけないのかと心配している方も多いでしょう。

どの場面でどの書類が必要になるか、プロの不動産屋さんでもない限り、覚えるのは難しいかもしれません。

今回は、そんなプロ以外の人のためにマンション売却の必要書類をまとめました。

不動産業者に査定を依頼する時に必要な書類

①間取り図

マンションの広さや部屋の配置が記されている平面図をいいます。

マンションの場合は手元に持っていない場合も多いですから、そういう場合はマンションのパンフレッドなどで代用しましょう。

②マンションの管理規約

マンションの規律が記載されているものを指します。

見つからない場合は管理組合から貰ってくるようにしましょう。

③購入時のマンションの売買契約書

マンション購入時に作成された契約書です。

さすがに捨てることは無いでしょうから必ず見つけておいてください。

④重要事項説明書

宅建士(旧宅地建物取引主任者)が売買契約を結ぶ際に説明したものを書面化したものです。一緒に読み合わせなどを行った書類で、通常は売買契約書と一緒に保管しているでしょう。

⑤登記簿謄本

マンションの権利関係を調査するために必要になります。

法務局で発行してもらえますから用意しておきましょう。

⑥固定資産税の納付書

税金をちゃんと納付しているのか確かめるために必要となります。

直近の納付書か納付済みの領収書を探しておきましょう。

不動産業者と媒介契約を結ぶときに必要な書類

①媒介契約書

不動産業者と媒介契約を結んだことを証明する書類です。不動産業者が用意します。

契約の内容については契約時に説明されますので、しっかりと聞いておきましょう。

また聞いた内容と契約書の中身に違うところが無いかしっかりと確認するようにしてください。口約束よりも契約書の内容の方が重要です。

②身分証明書

厳密に言うと書類ではありませんが、身分証明のため必要となります。

通常は公的機関が発行した写真付きもの、運転免許証やパスポートなどを用意してください。

買主とマンションの売買契約を結ぶときに必要な書類

①マンションの売買契約書

売買契約を行った証明になるものです。通常は仲介する不動産業者が用意しますから事前に読んでおきましょう。

②権利書(登記済証または登記識別情報)

契約の段階で買主に渡すことはまずありませんが、マンションの所有者であることを証明するため持参する場合が多いです。

もし権利書を紛失していたら、面倒な手続きが必要になるので注意してください。

③身分証明書

ここでも運転免許証やパスポートを用意してください。

売買代金の決済と引き渡し時に必要な書類

①印鑑証明書

移転登記をするのに必要になりますから必ず持参しましょう。

印鑑証明書は役所で発行して貰えます。

②権利書(登記済証または登記識別情報)

こちらも移転登記するのに必要ですから、必ず持参してください。

③身分証明書

身分を証明するために必要です。これまで何度も買主と会っているなら必要無いと思われるかもしれませんが、一応確認するルールになっていますので、運転免許証やパスポートを用意してください。

④マンション関係書類

マンションの管理規約が記載された書類、設備の説明書などを持参して買主に渡してください。

⑤委任状

移転登記をする司法書士に委任する旨の委任状が必要ですが、事前に話が無い場合はその場で作成します。

まとめ

マンション売却では、用意しなければいけない必要書類がたくさんあります。基本的には不動産業者から指定があるので、それに従って準備を進めれば大丈夫です。

しかし、重要な書類も多いので、早めに準備して、見つからない場合には不動産業者に相談しておくとスムーズでしょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない