マンション売却で売れないときの対策

中古マンションを売り出していても、なかなか売れないことがあります。

そんなときはどこかに原因があって、それを解消すれば売れる可能性が高まります。

もしずっと売れなかった場合には金銭的な負担がずっと続くことになってしまうので、早い段階で手を打って安くても売るという決断をしましょう。

段階に分けて考えよう

マンションが売れないと言っても、どの段階で問題があるのかで対処方法が違います。

売り出し開始しても問い合わせや内覧希望が少ない場合

いわゆる反響が少ないという状況です。普通に相場どおりの価格で広告を出していれば、内覧希望がそこまで少ないことはありません。

価格が高すぎるか、広告があまりに下手か、需要がものすごく少ない時期なのか、問題はこのあたりにあります。

以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

内覧があっても売れない場合

内覧までは来るのに購入につながらない場合、室内に問題があるかもしれません。

住んでいる本人はわからなくても、外から来た人には分かるような問題点が残っていることがあります。

また、当て馬として、本命物件を売るために使われているケースもありますが、それが続くのもあまりないので、室内の改善に絞って考えた方がいいでしょう。

内覧が来ても売れない場合の対処方法を以下の記事でまとめています。

ずっと売れなくて売れ残り状態になってしまった場合

売れないまま売却期間が長引いてしまったら、市場では売れ残り物件として認知されてしまいます。

買い手も売れ残っているということは何か問題があるのではないかと疑ってかかるので、最初からハンデを背負ったような状況になってしまいます。

一度売り出しをやめて、改めて市場に出すなど、工夫して売却を続けましょう。

以下のページで売れ残りになったときの対策を紹介しています。

マンションが売れなかったらどうなるか

もしこのまま売れないとどうなってしまうのでしょうか?

住宅ローンはいずれ完済できますが、管理費や修繕積立金は住んでいなくても払い続けなければいけません

また毎年の固定資産税の支払いもあります。

そうした金銭的な負担がずっと続いていくので、早い段階で安くでも売却してしまった方がいいでしょう。

ずっと売れないときの問題点について以下のページにまとめています。

売れないマンションを放棄できる?

売れないマンションの所有権を放棄するのは、かなり難しいと言わざるをえません。

業者買取なども視野に入れて、なんとか処分する方がいいでしょう。

放棄については下記のページで調べてみました。
マンションが売れないので放棄することは可能か?

売れないときは業者買取も検討してみよう

なかなか買い手が見つけられないときは、業者買取も良い選択肢です。普通に売るよりは安くなってしまいますが、受け入れてくれれば確実に売れます。

リノベーション向けとして買ってくれるケースもあるので、買い手の見つからない状況が続ければ、一度問い合わせてみてもいいでしょう。

以下のページでは住み替えしたいときになかなか売れないケースでの業者買取利用について解説しています。

住み替えは期限が決まっていることもあるので、確実に売れる業者買取が向いています。

まとめ

マンションが売れないと言っても、状況次第で問題はいろいろと切り分けられます。

手っ取り早い解決策は、不動産業者を変更してみることです。

マンション売却に慣れている不動産屋なら売却にそれほど時間がかかることもありませんし、問題があればその点を指摘してくれます。

どうしても売れないレベルの物件なら、最初に教えてくれるでしょう。

業者買取も視野に入れて、なんとか処分できるように工夫しましょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない