マンション売却の内覧で知っておきたいポイント

内覧に来る人は物件の広告を見て気になっている人です。内覧で気に入れば購入してくれる可能性がかなり高いのです。

そのため、内覧ではマイナス要素を消してプラスを増やすのが理想です。

ここでは内覧について知っておいてほしいことをまとめました。

内覧前

内覧は事前の準備が重要です。

掃除や片づけで室内をキレイにするのと、買い手がほしい情報を揃えておくの2点を意識して準備しましょう。

ちなみに内覧前に引越しできるなら、そうした方が気兼ねなく内覧してもらえます。下記のページで居住中と空き家のメリットとデメリットを整理していますので、参考にしてください。

内覧前の掃除と片づけで室内をキレイにしよう

売り出し期間中は掃除片づけを心がけて、いつ内覧が来ても大丈夫なように準備しておきましょう。

掃除や片づけについては下記のページにまとめていますので、チェックしてみてください。

また、内覧では購入意欲の強い人ほど、細かくチェックしてくるので、油断しないようにしましょう。

子ども部屋や寝室、押し入れの中も見られると思って、掃除・整理しておきましょう。詳しくは下記ページで解説しています。

資料をそろえて買い手に細かい情報を伝えてあげよう

内覧は室内を見るのが主ですが、買い手と売り手の重要な接点でもあります。

そこで内覧に来た人にだけ見せられるように資料をファイリングしておきましょう。そこまで買い手にサービスする人は少ないので、印象に残ります。

口でいろいろ説明しなくてもアピールポイントを上手に伝えられるのでオススメです。

どういう資料が必要かは下記ページを参考にしてください。

こういう内覧には要注意

内覧が来る前に知っておいてほしいのが、サクラ冷やかし、マワシと呼ばれる人たちです。

サクラはそのまま不動産屋の仕込みで来る人のことです。冷やかしもそのままですね。近所や同じマンションの人が冷やかしで来るケースもあります。

マワシは不動産業界の言葉で、他を売るために見せるだけの物件のことやそれで連れてこられた人のことです。不動産屋の戦略で、同じ価格帯で一段ランクが低いところを見せたあとに本命に連れて行って本命の評価を上げようというわけです。

こういう人が来た場合の対策など詳しくは下記ページで解説しています。

内覧当日の立ち会いでは好印象を目指そう

内覧当日は売主立ち会いで購入希望者に見てもらいます。

そこで注意してほしいのは買い手は売主のことも見ているという点です。

「物件を見に来てるんだから、住んでる人のことは関係ないでしょ」と考えるのは間違いです。

人がモノを買うかどうか決めるときは、何を買うかと同じくらい誰から買うかが重要なのです。いくら商品が気に入っても悪印象な人からは買いたくないと思いませんか?

マンション売却でも好印象を与えられるよう、最低限の清潔さと丁寧な対応を心がけましょう。

好印象を与えるコツについては下記のページで解説しています。

また、内覧にかかる時間は1件30分程度ですが、余裕をもって1時間は空けておいた方が落ち着いて対応できます。

内覧のかかる時間について詳しくは下記のページをチェックしてみてください。

内覧後

内覧が終わったあとは、購入申込が入るか、そのままになるかのどちらかです。

購入申込に進むなら、内覧の翌日から数日以内に連絡が入るでしょう。あまり時間が空くと売れてしまうと考える買い手が多いので、レスポンスも早くなります。

これらの内覧後の流れは以下のページで解説しています。

また、購入に進まなかった人にはその理由を聞けると理想的です。原因が分かれば対策が取れます

不動産会社の担当に内覧に来た人の感想を聞けないか尋ねてみましょう。

内覧が少ないときは原因を探ろう

内覧の件数が少ないときには、その原因を分けて考えてみましょう。

広告に魅力がないせいなのか、価格が高すぎるのか、購入希望者の元まで情報が届いていないのか。どこかに原因があります。

内覧せずに買う人はいないので、内覧件数が少ないとなかなか売れません

内覧が少なくて困っている人は下記の記事に原因と対策をまとめましたので、一度チェックしてみてください。

オープンハウスで自由に見てもらう内覧もあります

オープンハウスとは、特定の日時を決めて誰でも自由に内覧できる状態にすることです。

気軽に来られるため、内覧に行くかどうか迷っていた人を呼び込む効果があります。そういう人でも気に入れば購入に至る可能性があるので、オープンルームは有効です。

不動産会社から「オープンハウスをしたい」と申し出があったら、前向きに検討しましょう。マンションの場合オープンルームと呼ぶこともあります。

下記ページにオープンハウスのメリット・デメリットをまとめました。

まとめ

内覧は物件が見られると同時に売主も見られます。

就職活動でいえば面接のようなものです。

下に出る必要はありませんが、買ってくれるかもしれない人には感謝の気持ちを持ってコミュニケーションできるといいですね。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない