マンション売却の売買契約の流れと注意点

売買契約はマンション売却において、一番慎重に進めてほしいステップです。

一度契約を交わしたら、契約キャンセルをするときには手付金の倍返しなど違約金が発生してしまいます。

契約書が自分に不利な内容になっていないか十分にチェックしてから契約に進みましょう。

売買契約の流れ

売買契約日の流れは以下のように進みます。

  1. 売買契約書への署名捺印
  2. 手付金の受領
  3. (仲介手数料半額の支払い、決済時にまとめての場合もあり)

契約書は事前にコピーをもらってよく読んでおきましょう。その場でサラッと読んで理解するのは難しい内容です。

下記のページで売主側と買主側からの視点で売買契約日の流れを解説しています。

売買契約書のチェックポイント

売買契約書でチェックしてほしいのは、手付金の金額住宅ローン関連の記載です。

手付金については高額すぎると万一の解約時に売主・買主ともに苦労するので、売却代金の5%から10%程度に抑えておきましょう。

また、住宅ローン関連では、事前審査の有無買い替え特約に要注意です。これらはキャンセルに関わるので、このページのあとで説明しています。

売買契約書の記載内容について詳しく知っておきたい方は下記のページに細かく書いています。

お金の動きから見た流れ

売買契約の場ではお金の動きがあります。

手付金の受け渡し印紙税の支払い、仲介手数料の半額支払いが主なところです。

売主としては印紙税が支払えるくらいのお金さえ持っていれば大丈夫でしょう。

以下のページに詳しくまとめました。

売買契約までに準備するもの

売買契約日までに、準備するもので注意してほしいのが権利書(登記済証、登記識別情報)です。

これがないと物件の権利関係がハッキリしないので、契約が進みません。

また、本人確認できる書類印鑑も必要になりますので、持って行くのを忘れないようにしましょう。

下記にリストにしたので、参考にしてください。

売買契約後のキャンセル

売買契約後にキャンセルする際は、手付金の放棄倍返しが基本となります。

しかし、契約書に事前に特約を盛り込んでいれば無条件解約もあります。

手付解除によるキャンセル

一般的にキャンセルと言えばこちらの手付解除を指します。

買主がキャンセルする場合は、手付金を放棄することになります。売主からすれば手付金をタダでもらえるので、契約がなくなるのは残念ですが、ラッキーとも言えます。

一方で、売主がキャンセルする場合は、受け取った手付金の倍返しが必要になります。キャンセルすれば、手付金の金額分は損するというわけです。

手付解除はその金額分を払えば、どちらもキャンセルできるルールなので、損してでも手付解除を選ぶ人もいます。

手付金と手付解除について、下記のページで詳しく解説しています。

住宅ローンの審査落ちによるキャンセル

買主が住宅ローンの審査に落ちた場合、無条件でキャンセルとなる点が契約書には記載されています。

住宅ローン審査に落ちることはよくあるので、それに対するリスクをなくすために設けられています。審査に落ちたら無条件で解約できるからこそ、購入の決断ができる面もあるので、売主には不利ですが仕方ありません。

住宅ローン審査落ちによる解約については下記のページを参考にしてください。

これを防ぐためには売買契約前に住宅ローンの事前審査状況を確認しておきましょう。

事前審査については下記のページで解説しています。

買い替え特約によるキャンセル

買い替えに伴うマンションの購入や売却では、売主・買主ともに無条件でキャンセルできるように契約書に定められます。

買い替えをする売主からすれば、期日までに新居が購入できなかったら、今回の売却をナシにできるという特約になります。

また、買い替えをする買主からすれば、期日までに今の家が売却できなかったら、今回の購入をナシにできるという特約になります。

どちらのケースでも無条件にペナルティなしで解約できるので、付けられる方はイヤな特約です。

売買契約全体のチェックポイントまとめ

売買契約で注意してほしいポイントを下記のページでまとめているので、一度目を通しておいてください。

まとめ

不動産の売買契約は、高額なものを扱うため、かなり厳しい契約となっています。

知らなかったでは済まない問題もあるので、十分に契約内容を知った上で進めましょう。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない