マンションの売却と賃貸の比較まとめ

転勤などが理由でマンションに住めなくなったら、売るか貸すかという選択肢が思い浮かびますよね。

いずれ帰ってくることが分かっているなら、無理に売却しなくてもいいと考えるのも当然です。

そこで、売却と賃貸ではどう違っていて、どういうリスクがあるのかまとめてみました。

売却せずに賃貸する選択肢

マンションを売却せずに賃貸にするとどういうメリットデメリットがあるのでしょうか。

賃貸にするメリット

一番のメリットは賃料収入が得られることでしょう。分譲マンションを賃貸に出せば、住宅ローン返済額を超える額の賃料を取れることも多いのです。

また、自分の住み慣れた部屋にいずれ帰ってこられるというメリットもあります。

売る場合の売り出し活動の面倒も経験しなくてすみます。

賃貸にするデメリット

賃貸の大きなデメリットは部屋が傷むことではないでしょうか。

借りている部屋というだけで、人は平気で傷つけてしまいます。1年、2年貸して愕然としたという人もいます。

また、自分で借り手を探している場合には、空室リスクもあります。誰も借り手がいなければ、家賃収入はありません。

下記のページでメリットとデメリットを詳しく解説していますので、一度読んでみてください。ちなみに退去の問題は、同じページで説明している定期借家契約で防げます。

住宅ローンが残っていても貸せる

そもそも住宅ローンは居住用の家のためのローンなので、賃貸目的ならもっと金利の高いローンを使わなければいけません。

途中から貸したいという場合には、銀行など金融機関に借り換えを迫られるケースもあります。

しかし、海外への転勤や遠方への国内転勤なら、そのままの住宅ローンで貸すことを許可してくれることが大半です。

詳しくは下記のページで解説しました。参考にしてください。

貸すには覚悟が必要です

制度的には貸せることが理解できたと思いますが、いざ貸すとなれば相当な覚悟が必要です。

貸すには上で説明したようなデメリットがあります。

また、貸している間に築年数が経過していくので、数年後にやっぱり売ろうとなったとき、それまで受け取った家賃以上に値下がりしているかもしれません

売ってしまうのはもったいないし、とりあえず貸しておこうというのは危険です。その間にドンドン価値が下がってる可能性があるのです。

とりあえずで決めるなら、「とりあえず売ろう」と考えましょう。また欲しくなれば、そのときに買うこともできます。

売るか貸すか、決めきれない方は以下のページも読んでみてください。リスクも含めて詳しく解説しています。

リロケーションサービスも知っておこう

貸す場合にはリロケーションというサービスがあります。

カンタンに言うと、一定期間貸し出して管理まで任せられるサービスです。

面倒な管理の手間がなくなるので、海外転勤をする人などによく使われています。

また、退去のタイミングを柔軟に決められるので、退去してもらえなくて住むところがないという事態にもなりにくいでしょう。

詳しくはこちらのページで解説しています。

まとめ

マンションを貸すのは思っているほど簡単なことではありません。

きちんとリスクを知った上で決断してほしいと思います。

売るか貸すか迷うようなら、売ってしまって収支を確定させる方をオススメしています。

賃貸に出すことも検討しているなら、売却と賃貸の両方の査定をまとめて依頼できるマンションナビがオススメです。最大で売却6社、賃貸3社の査定をもらえます。


マンションを売る理由別に売却方法をまとめました

住み替え 転勤

離婚 相続

住宅ローンが払えない