マンション売却時の登記費用(司法書士報酬と登録免許税)は合計1.2万円が相場

マンション売却時の登記費用
マンション売却でかかるお金のひとつが登記費用です。

司法書士に依頼するので「高額になるかも・・・」と心配かもしれませんが、安心してください。大丈夫です

記事の概要をかんたんに書くと以下になります。

また、マンション売却では登記以外にもいろいろな費用・手数料がかかります。こちらのページに手数料をまとめているので気になる方はチェックしてみてください。

では、登記費用について詳しく見ていきましょう。

所有権移転登記の費用は買主負担だから払わなくていい

マンション売却時には下の2つの登記が必要です。

  • 抵当権抹消登記
  • 所有権移転登記

2番目の所有権移転登記の費用は買主が払ってくれるので、売主はお金がかかりません。

それぞれの登記についてはこちらの記事で解説していますが、ここでもかんたんに説明しておきます。

抵当権抹消登記とは

抵当権抹消登記は銀行がマンションの部屋に設定している抵当権を外すために必要になります。

もし住宅ローン返済ができなくなったとき、銀行がマンションを差し押さえられるように設定しているのが抵当権です。

マンション売却のときには売却代金を使って住宅ローン残額を一括返済するので、抵当権が外せるようになります。

詳しくは決済日のお金の流れを参考にしてください。

抵当権抹消登記の費用は売主の側が負担します。住宅ローンに関連するものなので、売主側で当然ですね。

所有権移転登記とは

所有権移転登記はマンションの持ち主が変わったことを登録するために必要です。

ほとんどの場合、抵当権抹消登記とセットで同じ司法書士に依頼します。

所有権移転登記の費用は買主の負担です。

売る側としては所有権が移転されなくても困ることはないので、買う側がお金を払います。

抵当権抹消登記の費用は司法書士報酬1万円、登録免許税2千円が相場

売主が負担しないといけないのは抵当権抹消登記だけです。

抵当権抹消登記は比較的かんたんなものなので、司法書士報酬も安く設定されています。

司法書士報酬だけなら1万円と考えておけばいいでしょう。

格安で5千円程度にしているところもあります。

また、法務局に支払う登録免許税は「千円×物件数」と決められています。

マンションの場合、建物と土地(敷地権)で2件分の2千円となるのが通常です。

もし敷地権が複数になっている場合は、その分余計にかかるので注意してください。

敷地権とは

敷地権はマンションの建っている敷地を、各部屋の持ち主で分割して所有権を持っているようなイメージです。

そのため、全体で1つの土地にマンションが建っていれば敷地権も1つですが、2つや3つの土地にまたがって建っていると敷地権が2つ、3つと増えます

敷地権については登記簿に正確に記載されているので、一度チェックしてみましょう。

たとえば、敷地権が3つに分かれていれば、建物と合わせて4件分の4千円が登録免許税としてかかります。

とはいえ、多くても数千円の違いなので、あまり神経質にならなくてもいい金額です。

手もとに登記費用がなくても大丈夫

抵当権抹消登記を司法書士に依頼するタイミングは決済が終わってからです。

決済と引き渡しを行う場所に司法書士も立ち会って、売主と買主双方の依頼を受けるのが一般的です。

そのときに司法書士報酬と登録免許税を支払います。銀行振り込みのパターンが多いでしょう。

もし手持ちがなくても、売却代金を受け取ったあとなので、そこから出せます。

注意してほしいのは、同時に不動産会社に仲介手数料も支払う点です。

そちらは数十万から百万単位のお金になるので、きちんと用意できるよう計算しておきましょう。

仲介手数料についてはこちらの記事で詳しく説明しています

まとめ

最後に記事の内容のまとめを再掲します。

登記費用は仲介手数料に比べるとかなり少額なので、それほど心配する必要はありません。

手持ちの現金が少なくて費用面で不安な方はできるだけ高く売る方法についてこちらの記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。


『費用・手数料』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!