ストレスなくスムーズにマンション売却を進めるコツまとめ

マンションの売却をスムーズに進めるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか?

やることが多い分、いちいちつまずいていると、かなり時間をロスしてしまいますし、仲介業者の担当にもストレスを与えてしまいかねません。

今回はマンション売却の各段階でどのようにすればストレスなくスムーズに進むのかをまとめてみました。売却活動の序盤で一度目を通しておいてください。

①不動産屋さん選び

将来的に仲介を依頼するかもしれませんので、査定を頼む不動屋さん選びは重要です。

知り合いの業者がいれば一番良いのですが、そんな方は滅多にいないでしょう。

知り合いの業者や是非頼みたい業者がいない場合は、全国展開している大手不動産業者に依頼するのをお勧めします。

大手業者はノウハウがあるので、一般業者と比較して査定が早く終わりますし、申し込みがネットを通じて行えるので、時間がかかりません。

スムーズに進めるためにはもってこいと言えるでしょう。

マンション売却が得意な大手の不動産屋をこちらの記事でまとめています。

マンション売却が得意な大手不動産業者はココ!
マンション売買仲介の業界で大手を中心に有名な業者をまとめました。

また、一括査定サイトなどの利用も検討してみましょう。まとめて数社の不動産屋にアプローチできます。

一括査定サイトについてはこちらの記事をどうぞ。

マンション売却一括査定サービスのメリット・デメリット
マンション売却一括査定サービスのサービス内容とそのメリットとデメリットについて調べました。

②査定

机上査定の場合はスムーズに進めるためにやるべきことはあまりありませんが、訪問査定の場合はいくつかあります。

訪問査定と机上査定の違いはこちら。

机上査定と訪問査定の方法の違いとそれぞれのメリット・デメリット
マンション査定の机上査定と訪問査定の違いやそれぞれのメリット・デメリットを説明しています。

まず必要書類を前もって揃えておくことです。

訪問査定では、多くの書類が必要となりますが、一つでも揃っていないと査定が正確にできないだけでなく、時間もかかってしまいます。

査定を申し込んだら、どんな書類が必要かを確認して揃えておきましょう。

次に、部屋の片づけです。

訪問査定では部屋の状態を確認しますので、散らかったままだと、やはり査定に時間が掛かってしまいます。

本や雑誌を整頓し、服を箪笥にしまうだけでも十分ですので、是非やっておきましょう。

査定前の準備についてはこちらで詳しく解説しています。

③媒介契約

3種類の媒介契約のうち、どの契約形態であってもずば抜けてスムーズに進めるとは言えません。

敢えてどれかと言われたら、売り出しの窓口が多い一般媒介契約でしょうか。

3種類の媒介契約の違いを押さえておく程度で大丈夫でしょう。

一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれがいい?
マンション売却の際に不動産会社と結ぶことになる媒介契約の形態について、それぞれのメリットとデメリットを解説しました。どれを選ぶべきかを判断する参考にしてください。

④売り出し

売り出しに関しては、契約した業者にすべて任せて口出ししないのがスムーズに進めるコツでしょう。

ただし、業者主導だと高値売却が狙えない場合があるのが悩ましいところです。

言うべきことはきちんと主張して、あとは任せる姿勢が重要です。

⑤内覧

内覧をスムーズに進めるためには、部屋の掃除と片付けを徹底してやっておくこと。

内覧では、見られやすいポイントがあります。

内覧前の掃除・準備の重点ポイントはココ!
内覧希望者を迎える前に重点的に掃除しておくべきポイントを解説。内覧ではどこが見られるのかを知っておきましょう。

そして何を聞かれてもよいように想定問答集を作っておきましょう。

想定問答集は聞かれそうなことをメモして、それをちょっと調べるだけで十分です。

聞かれることは住環境やお隣さんのことなどがほとんどですから、簡単に調べることができるでしょう。

設備関連のマニュアルや管理組合の規約などの書類があれば、予め用意しておけば想定外の質問にもその場で答えられる可能性が高まります。

⑥購入申し込み

購入申し込みがあったら、そこから価格交渉になるのが一般的です。

購入希望者はあの手この手を使って一円でも安く購入しようとしてきますので、スムーズに進めたいのならある程度の譲歩が必要でしょう。

ただし限度額を作っておき、その範囲内で譲歩するようにしましょう。

買主との価格交渉についてはこちらの記事で解説しています。

購入申込書(買付証明書)の金額は買主の希望。交渉のコツを知ろう
購入申込書の希望価格は、そこからの交渉次第で大きく変わります。交渉のコツやテクニックを解説しました。

⑦売買契約

売買契約時に必要な書類を揃えておくことがスムーズに進めるために必要です。

これは査定時と同じです。

売買契約で必要になるものをこちらにまとめています。

売買契約までに準備するものチェックリスト
マンションの売買契約に持って行くものをまとめました。契約日直前に慌てないために早めに準備しましょう。

⑧決済と引き渡し

決済時する前日には引っ越しを終えて、いつでもマンションを引き渡せるようにしておきましょう。

決済日の流れを知っておくとよりスムーズに進められるでしょう。

マンション売却の決済日の流れ
決済と引き渡しが行われる一日の流れについて説明しています。

まとめ

売却活動の各段階でスムーズに進めるためにできることを見てきましたがいかがだったでしょうか?

どれも当たり前のことばかりですが、やらない方が多いのが実情です。

もちろん全部やる必要はありませんが、できることはやって少しでも売却がスムーズに進むようにしましょう。

マンション売却のストレスを減らすには、次に何をするのか知っておくことが一番です。

必要書類について、こちらのページにまとめていますので、参考にしてください。

  マンション売却には、HOME4Uで一括査定を利用するのがお勧めです。

理由1.街の不動産屋だと何百万円も損する!?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

マンションは一生に何度もない高額なもの。ちょっとしたことが大きな損につながります。値下げや宣伝の方法がマズイと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

理由2.HOME4U参加の不動産屋は売却に強い!

HOME4Uにはマンションを売却したい人が集まります。

サービス申し込み後、査定金額や内容をもらって業者を比べます。

つまり、参加業者からすれば、他の不動産屋と提案で勝負して、売却したい人からの依頼を勝ち取らなくてはいけないのです。

だからこそ、売却が得意な会社だけが集まっています。

早く売りたい!」「高く売りたい!」と考えるなら、売却が得意な会社に任せるのが一番です。

理由3.一括査定で相場を知っておくのが売却成功のコツ!

マンションの価格が適正かどうかはカンタンには分かりません。売却が終わってから「もっと高く売れたかも……!?」と後悔する人も多いんです。

一括査定を利用すると、最大6社の査定価格が出て、自分のマンションがいくらで売れるか相場が分かります

あとで後悔しないためにも、マンション売却のスタートは一括査定がオススメです。

HOME4Uマンション一括査定のサービス内容を見る

  東京・神奈川・埼玉・千葉の方はソニー不動産にも査定してもらおう!

ソニー不動産は一括査定では選べない。

ソニーが始めた不動産会社として有名なソニー不動産。独自のメリットがあるので、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のマンションを売却するなら一度査定してほしい会社です!

しかし、HOME4Uの一括査定には参加していないので、個別に申し込みが必要です。

売りたい人のためだけに働いてくれる売却エージェントサービスがスゴい!

ソニー不動産独自のメリットが売却エージェントサービスです。

一般的なマンション売買では、売主と買主をそれぞれ別の不動産会社が担当します。しかし、同じ不動産会社が両方の担当をするケースがあります。

売主と買主から仲介手数料を受け取れるため、できれば他社からは買ってほしくないとまで考えます。

売り手の立場で見ると、値下がり売却期間の長期化につながるので、避けたい状況です。

ソニー不動産の売却エージェントサービスは、このような両方の代理を禁止されていて、売りたい人のためだけに働いてくれます。詳しくは下記のソニー不動産のページで図解されています。分かりやすい動画もあるので一度チェックしてみてください。

ソニー不動産のサービス内容を見る


『マンション売却アドバイス』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!