マンション売却前に室内のハウスクリーニングはするべき?

自宅マンションの売却では、どのような作戦を立てて売り出すかが重要なポイントです。

立地・間取り・価格などの客観的な条件が希望に合って、売却予定マンションの内覧に訪れる見込み客に対して、良い第一印象を持ってもらうことは非常に大切です。

そこで気になるのがハウスクリーニングまでしてきれいにしておくべきかどうか。

この記事では、売却前のハウスクリーニングについて考えてみました。

1:売却前にハウスクリーニングを利用するべきかどうか

数ある売り出し中のマンションの中から、内覧に訪れる見込み客をどのようにして成約に結びつけるか。

内覧に訪れる見込み客は、あとは部屋を見て気に入れば購入に進む可能性が高いのです。

内覧での第一印象を良くするために、水回り部分(台所、トイレ、浴室等)、台所のガスレンジ、換気扇等のハウスクリーニングは実施すべきです。

部屋全体のイメージももちろん大切な部分です。しかし、日常的に使用する水回りなどの部分は、主婦の目線で厳しくチェックされるので、特に購入に至るかどうかの大切な部分なのです。

2:クリーニング代金以上に売却価格がアップする見込みがあるか

売り出し前にお金をかけるなら、その費用以上に売却額の値上がりを期待したいところです。

台所のガスレンジの交換、浴槽の交換、壁紙の張替等のリフォームは価格アップが期待できます。

しかし、ハウスクリーニングで売却価格がアップする可能性は低いです。

価格アップのためというよりは、早く売却するためと考えて、ハウスクリーニングを利用した方がいいでしょう。部屋が綺麗な状態になって

いるとすぐに成約に結びつく可能性は高くなります。

4:ハウスクリーニングを利用するなら、どこに依頼する?

ハウスクリーニング業者を探すには、だいたい以下の3つの手段があります。

ポスティングされているチラシの業者などに安易に依頼することは避けましょう。ハウスクリーニングや廃品回収などはトラブルが起こりやすいので、信頼できる業者を選ぶことが大事です。

まとめ

不動産売却を早期に実現するためには、内覧に訪れた見込み客を逃さないようにしたいところ。

部屋の中の水回り部分、台所のガスレンジ等のハウスクリーニングを専門業者に依頼するのは大切なことです。

しかし、一部をハウスクリーニングしただけで満足してしまうのではなく、部屋全体の掃除や整理整頓もきちんと行っておきましょう。キッチンだけピカピカでも、その他が荒れていれば印象が悪くなってしまいます。

内覧でよく見られるポイントをまとめた記事も参考にしてみてください。

内覧前の掃除・準備の重点ポイントはココ!
内覧希望者を迎える前に重点的に掃除しておくべきポイントを解説。内覧ではどこが見られるのかを知っておきましょう。

『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!