東日本レインズ(東日本不動産流通機構)について調べました

この記事では、全国で4つに分かれているレインズのうち、東日本レインズについて解説します。

東日本レインズとは

東日本レインズとは、公益財団法人東日本不動産流通機構の通称です。東日本不動産流通機構は、全国を4つに分けて運営されている国土交通大臣指定の不動産流通機構の1つです。

東日本レインズのホームページはこちら。 http://www.reins.or.jp/

通常、レインズと言うときは、REINS(Real Estate Information NetWork Systems)という不動産業者専用の物件情報データベースを指します。

ですので、東日本レインズは、東日本不動産流通機構の通称と同時に、東日本版のデータベースのことも指しているのです。

東日本地域でマンションを売却する際には、東日本レインズに登録して、不動産業者間で情報を共有します。

レインズについて詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

また、東日本レインズでは首都圏の中古マンションや中古戸建ての登録件数成約情報などのデータもまとめて公開しています。

レインズには実際の成約価格などのデータも集まっているので、中古マンション市場の流れを知る一助になります。

東日本レインズの管轄エリア

東日本レインズは東日本の以下のエリアの不動産を対象としています。

  • 北海道
  • 東北
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 甲信越
    • 新潟県
    • 山梨県
    • 長野県

その他の地域のレインズ

東日本レインズの他に、

があります。上のリンクはそれぞれ当サイト内の紹介記事に移動します。

まとめ

東日本レインズは、首都圏を対象にしていることもあり、レインズシステムの中では最も物件数やアクセス数の多いものとなります。

ホームページに公開されている情報も多彩で役立ちます。時間があれば、最近の中古マンション市場についてのレポートに目を通してみましょう。元になるデータが多いため、信頼性の高いレポートです。

また、売却中なら売主専用のログイン画面から、取引状況ステータスの確認もできます


『広告』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!