床の傷はマンション売却前に補修しなくても大丈夫

マンションの床は、きれいに使っているつもりでも長年の生活で傷がついてくるものです。

特にお子様のいるご家庭では室内で遊んで、おもちゃで傷つけてしまうもの。

マンションを売却するにあたり、こうした傷は補修したほうが良いのでしょうか?

フローリングの補修はした方がいいのか?

マンションのフローリングの補修はプロの補修業者に依頼すれば新品のようにきれいになります。

程度によりますが補修なら費用も数万円程度で済むことも多いのでプロの補修業者に依頼することを検討しても良いでしょう。フローリングの張り替えとなると数十万から百万円かかる話になりますが、部分的な補修なら意外と安く済みます。

しかし実は、フローリングに傷がついていてもマンションの売却価格に大きく影響するということもありません

プロに依頼するのではなく自分できれいに雑巾がけして、ワックスがけまでしてしまえば意外ときれいになってしまうものです。

もし市販の補修剤などを使うなら、床の色と合っているかは入念にチェックしてください。やらない方がよかったということにならないように気をつけましょう。

フローリングの傷はあまり気にならない?

何か大きな傷をつけてしまったのではなく、生活による傷程度であればきれいに雑巾がけをしてワックスをかけてしまえばほとんど気にならなくなるでしょう。

フローリングの状態は査定額には影響しませんが内覧時の見学者の心理に大きく影響を与えます

遠目にみてきれいにされたフローリングであれば、床の細かい傷に目がいかないように他の魅力を伝えるなどすると効果的です。

フローリングは買主が張替した方が良い?

フローリングの張替を検討しているのであれば、購入後に住みつづける買主が、買主の好みに合わせたフローリングへ張替たほうが良いという考え方もあります。

フローリングの張替や大規模な補修をしてしまい、売却価格に上乗せするよりは、最低限きれいにしておいて安い価格で売却してしまうほうが良いという考え方です。

売却前に無理に貼替をする必要はないでしょう。

大規模な張替が必要な場合には

中古マンションは買主がリフォームをするのが一般的です。

その際に、リフォームローンを組むこともできますが、リフォーム代金は現金で払うという方も多いです。

床のリフォーム代金が高くなりすぎると、資金不足になって思うようにリフォームできなくなるため、購入自体を諦めてしまう可能性もあるのです。

リフォームの範囲が広く高価になってしまう場合などには、売主で張替をすることも検討すると良いでしょう。売却代金にリフォーム代を上乗せしてあれば、買主も住宅ローンでその分を支払えます。

つまり、住宅ローン+現金払いのリフォーム代、と考えると、リフォーム代が大きくなるよりは住宅ローンが大きくなる方が良い場合もあるということです。

また、フローリングの痛みが激しく内覧時に見学者の買う気をなくさせてしまうような場合も売主負担でリフォームしておいた方が売却がスムーズに進むかもしれません。

床の傷が不安なら不動産屋に相談してみよう

マンション売却の際には、不動産屋に売却を依頼することになります。

その第1段階は査定依頼です。

「査定前に床の傷をどうにかしておきたい!」と思うかもしれませんが、相手もプロです。中途半端なことはせずにそのまま見せて相談する方が有効なアドバイスをもらえるでしょう。

HOME4Uの一括査定を利用すれば、複数の不動産屋にまとめて依頼できるので、それぞれの業者がどう判断するか比較してみるのもいいでしょう。

最大6社まで依頼できることを利用して、多数決で床の傷の対処方法を決めてもいいかもしれません。

手間はかかりますが、少しでも高く売るために複数の業者と会ってみるのは必須です。

まとめ

フローリングの傷は長年の生活でついてしまったものでも雑巾がけをしてワックスがけをしてしまえば意外ときれいに仕上がるものです。

信頼できる不動産業者と相談しながら、内覧までに対応を決めましょう。


『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!