マンション売却の仲介手数料が半額の不動産会社の仕組みを解説

仲介手数料半額
マンション売却時の仲介手数料半額!

こうアピールする不動産会社が最近増えてきました。

「ちょっとできすぎじゃないの?大丈夫かな?」と逆に不安に思う方もいるかもしれませんが、仲介手数料を半額にしてもきちんと元が取れる仕組みがあるのです。

ここでは、なぜ仲介手数料が半額にできるのか、そういった業者を利用する際の注意点はないか、といったポイントを説明しています。

仲介手数料の仕組み。上限が決まっているだけで自由に設定できる

仲介手数料の仕組み。上限3%+6万円。下限なし。(消費税別)
仲介手数料は、中古マンションなどの不動産売買を手伝ってくれた不動産会社に支払う料金です。

マンションを売却する側とマンションを購入する側の双方がそれぞれ負担します。

不動産の仲介手数料は、法律で上限が定められていて、どんなに高級な物件でも、請求できる手数料は売買金額の3%+6万円までです(売買価格が400万円を超える場合、消費税抜き)。

しかし、上限が決まっているだけで、下限はありません。

つまり、この範囲内であれば、不動産会社が自社の基準で自由に手数料を設定することが可能なのです。

だから仲介手数料半額(売買金額の1.5%)という設定が可能になっています。

なぜ不動産会社は仲介手数料半額にできるのか?

広告アピールに有効
仲介手数料を半額にするということは、不動産会社にとっては売上が半分になってしまうことを意味します。

上限いっぱいの仲介手数料を取る不動産会社が大半な中、なぜ半額にする会社があるのでしょうか?

いちばんの理由は、仲介手数料半額をアピールしてお客さんを増やしたいというものでしょう。

売主からすれば仲介手数料は高額です。

3000万円の中古マンションなら、96万円(消費税抜き)もの仲介手数料を支払わなければいけません。もしこれが半額になるなら非常に大きな金額が節約できます。

仲介手数料半額に魅力を感じて売却を依頼する人が2倍以上に増えれば、不動産会社としてはペイできます。

また、不動産会社は数多く、ライバルに勝つのも容易ではありません。他の不動産会社との差別化戦略としても、仲介手数料半額は使えるのです。

両手仲介だから半額にできるケースもある

両手仲介と呼ばれる売買取引のときに限って仲介手数料半額としている不動産会社もあります。

両手仲介とは、売主も買主も同じ不動産会社を利用しているケースです。

通常、売主側のA不動産と買主側のB不動産があって、それぞれ仲介手数料をもらって仕事をしています。これを片手仲介と呼びます。

両手仲介の場合は、売主もA不動産に依頼しているし、買主もA不動産に紹介されて購入にいたります。A不動産は売主と買主の両方から手数料をもらえ、通常は倍の売上になります。

こういうケースにだけ、仲介手数料を半額にするサービスを行っている不動産会社もあるのです。普段の2倍の売上になるから、半額にしても大丈夫というわけです。

両手仲介については詳しくはこちらの記事も参考にしてください

仲介手数料半額を実現するためにコスト削減をしすぎて売り出し活動が弱い可能性も

売り出し活動に不安…
不動産会社の立場で考えると、仲介手数料半額で売上が半分になるなら、その分コストを下げる必要があります。

そのため、仲介手数料半額の不動産会社では、社員数をできるだけ減らしたり、新聞折り込みチラシやポスティングチラシを行わなかったりして、できるだけコストをかけずに売り出し活動を行っている可能性があります。

手厚いサポートを得たい、近隣の人に十分な広告アピールをしたいというときには、物足りなさを感じるかもしれません。

手間のかからない広告として、レインズやポータルサイトへの掲載だけでも、一定の集客はあるので問題ないかもしれませんが、問い合わせや内覧が少なくて値下げを打診されたときにはどういう広告をしたのか注意してチェックしてみてください。

一般的な売り出し活動についてはこちらのページにまとめていますので、どういう広告手法があるのか気になる方は読んでおきましょう。

マンション売却での売り出し活動の進め方と注意したいこと

まとめ

マンション売却で仲介手数料半額を実現している不動産会社は、積極的に売主を探しに来ているので、売り出し活動にも期待ができます

しかし、コスト削減が行きすぎて、なかなか売れない可能性もあります。

どういう売り出し戦略を持っているのか、訪問査定の際に細かく聞いてみましょう。

また、半額でない普通の不動産会社にも同じタイミングで査定をもらって、比較してみるのをオススメします。

見た目の安さだけに釣られて、結果的に損しないように注意してください。


『仲介手数料』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!