マンション売却の仲介手数料は値引き交渉できるのか?

仲介手数料の値引き交渉は可能?
仲介手数料って安くできないのかな?

この記事を読んでいる方の多くがこんな疑問を感じていると思います。

マンション売却時の仲介手数料、けっして安い金額ではないですよね。

値引き交渉が通れば、数十万円の節約ができます。ダメ元でもやってみたい方が多いのも頷けます。

そこでこの記事では仲介手数料の値引き交渉について解説しました。実はけっこう難しいことなので注意してくださいね。

仲介手数料は上限が決まっているだけで値引きは業者の自由

不動産売却の仲介手数料、売買金額の3%+6万円が上限(税抜き、400万円以上の場合)下限は無し!
マンション売却など不動産売買の仲介手数料は宅建業法で上限が決められています。

売買金額が400万円を超える場合は、

売買金額の3%+6万円(消費税抜き)

が上限です。

覚えておいてほしいのは、これが上限というだけで、下限は特にない、ということです。

100万円でも50万円でもいっそ無料でも法的にはOK。

つまり不動産会社は値引きしようと思えばできるのです。

基本的に仲介手数料の値引き交渉は難しいと心得ておこう

値引きは基本難しいと心得よう
値引きが法的に可能でも、実際には安くしてもらうのは難しいケースが多いでしょう。

もし不動産屋に売却を依頼する媒介契約を結んだ後なら、その契約書に仲介手数料が明記されているので、その条件で決定しているということになります。

それをあとから「値引きしてほしい!」と言っても不動産屋はそんな要望を聞く必要はありません。

また、媒介契約前でも、会社で決まっている仲介手数料から値引きしてくれる営業マンは非常に稀でしょう。そこまでの裁量が営業マンには与えられていないので、一応会社に持ち帰ってくれるかもしれませんが、ほぼ通らないと考えて間違いありません

そもそも中古マンションの売買では仲介手数料がいちばんの収入源です。そこを値引きしてしまうと会社の利益減少に直接つながるため、ほとんどの会社が受け入れてくれないのが普通です。

大手より小さめの不動産会社の方が値引き交渉は通りやすい

値引き交渉するなら大きな会社より街の不動産屋
それでも値引き交渉をしたいなら、大手チェーンの不動産会社よりは、地場の小さめの会社の方が通りやすいと言えます。

ワンマン社長と社員数人の規模の会社なら、契約獲得のために少しくらいの値引きをしてくれる可能性はあります。

しかし、貴重な売上を減らすことには変わりないので、かんたんに値引き交渉が通るわけではありません。

値引きしてくれるなら最大限協力するし、今後も贔屓にする!」くらいの人間味溢れる交渉が必要でしょう。

一括査定を利用して複数の不動産会社と会っているとコチラに依頼先を選ぶ権利があると強気に出てしまうかもしれませんが、不動産会社としても絶対にあなたのマンションを担当したいというワケではありません

値引きせずに契約してくれる他の売主の物件は多数あります。不動産会社はムリにあなたと契約を結ばなくてもいいのです。

値引き交渉をするなら、このあたりの業者の裏側も知った上で上手に話しましょう。強気一辺倒では成功しづらいかもしれません。

最初から仲介手数料が半額や定額の不動産会社に依頼することも検討しよう

仲介手数料半額や定額の不動産会社を探してみよう
値引き交渉は失敗の確率が非常に高く、正直に書けばオススメできません。

もし仲介手数料を安く済ませたいと考えているなら、最初から仲介手数料半額や定額をアピールしている不動産会社を探すことも検討してください。

首都圏や大阪、名古屋、政令指定都市などの競争が激しいエリアなら、探せばそういうメリットを打ち出して集客している不動産業者が見つかる可能性が高いでしょう。

しかし、仲介手数料が安くても、なかなか売れなくて値引きを繰り返すような会社では意味がないので、普通の不動産会社からも査定をもらって比較してみることを忘れないようにしましょう。

複数の不動産会社から査定をもらうには、一括査定を利用しようのページを参考にしてみてください。

まとめ

基本的に仲介手数料の値引き交渉が難しいということが伝わったかと思います。

どちらかと言えば、最初から半額や定額の不動産会社を見つける方が節約につながるでしょう。

それでも値引き交渉をしてみたいという方は、記事を参考に知識をつけてチャレンジしてみてくださいね。


『仲介手数料』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!