マンション売却前にクロス張り替えするメリットや費用を調べました

今住んでいるマンションを売却するときに、クロス張り替えなどのリフォームを行っておくと有利になることがあります。

今回は、マンション売却前のクロス張り替えで見込めるメリットやその費用について見ていきます。

マンション売却前のリフォームについてはこちらの記事も参考にしてください。

クロス張り替えで得られるメリットとは

マンション売却前にクロス張り替えすることによるメリットは以下のようなものです。

売却金額がアップする可能性がある

マンションの売却額は、地価や需要にも影響を受けますが、物件の状態も大きく関係します。

状態がよいと、マンションの売却額をアップできる可能性があるのです。

クロスを張り替えることで、破れや汚れのない状態にすることができますし、部屋全体をキレイに見せることができます。

中古住宅につきものの消耗感をなくすことで、マイナス要素が減って高く売れるかもしれないというわけです。

買主の心象がよくなる

クロスを張り替えてキレイな状態になっていることで、買主が内覧したときに大事に住んでいる印象を与えることができます。

売主がどのように住んでいたかを見ることは、売主に対する信頼度にもつながるため、少しでもキレイな状態に見せると有利なのです。

クロスの張り替えにはどれくらいの費用がかかる?

クロスの張り替えにかかる費用は、その張り替え面積によって異なります。

だいたいの相場としては、1平方メートルあたり900円~1500円くらいで計算するといいでしょう。

例えば、6畳の部屋のクロス全体を張り替えるとすると、壁クロスだけでおよそ35平方メートルと考えて、3万円強~5万円強という計算になります。

これに加えて天井のクロスも張り替えるとしたら、4万円強~7万円強くらい見ておくのが無難です。

この費用に関しては、自分で張り替える場合と業者に依頼する場合でも差が出てきます。

マンション売却額と照らし合わせてどの方法をとるか考えてもいいでしょう。DIYが好きなら自分で張り替える選択もアリです。

まとめ

マンション売却前にクロス張り替えを行っておくことで、売却額のアップが狙えます。

クロス張り替えは自分で行うときと業者に頼むときで費用に違いがあり、業者に頼むと高額になってマンション売却額のアップ幅よりも張り替え費用の方が高くついてしまう可能性もあります。

そうした面も含めて、売却前のクロス張り替えを検討しましょう。


『掃除・リフォーム』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!